スペインサッカー連盟(RFEF)は13日、スペイン代表の揮を執るフレン・ロペテギ監督に関する会見を行い、同監督の解任を発表した。

 ロペテギ監督は12日にレアル・マドリードの新指揮官に就任することが発表されており、この一件を受けてRFEFはロペテギ監督の解任を決めたという。

 スペイン代表はロシアW杯グループBに入っており、15日にポルトガル代表、20日にイラン代表、25日にモロッコ代表と対戦する。

 2016年7月スペイン代表監督に就任したロペテギ監督は、就任してから現在まで公式戦で敗を継続。今年5月22日には契約を延長し、2020年ユーロまで揮を執り続けることとなっていた。

解任が発表されたロペテギ監督 [写真]=TF-Images/Getty Images