高く打ち上げられ、夜空に鮮やかなを咲かせる花火。なかでもひときわ大きな花火には自然と歓がこぼれるものだ。そんな花火の大きさや打ち上がる高さは、実は普段あまり見ることのない花火玉と密接な関係にある。今回は花火サイズにまつわる豆知識を紹介しよう。

【写真を見る】サイズ違いで縦に並べた花火玉

ギネス世界記録認定された花火

2018年1月1日に「世界最大の花火」として新たにギネス世界記録認定されたのが、アラブ首長国連邦アルマジャンにてアメリカGrucci社が打ち上げた花火花火玉の内径は、1397mm(55インチ=約4.6尺)、重さは1087.26kg(2397ポンド)という巨大さだ。

■ さて、日本ではどうだろう?

そもそも日本では花火サイズを尺貫法の寸(約3.3cm)で表していたので、今では1寸=1号として「寸」の代わりに「号」を基準としている。10寸=1尺なので、今でも10号玉の呼び名は「尺玉」となっている。

一般的には花火玉の大きさは2.5号玉から40号玉まであって、10号玉以上の大きさになると、それぞれ尺玉、二尺玉、三尺玉、四尺玉と呼ばれている。ただし、花火の号数は基本的に玉の直径サイズでなく、打ち上げる際の打ち上げ筒の内径を表しているので、たとえば玉の直径が4尺(約120cm)ある場合は筒のサイズが4尺の「四尺玉」と明確に区別するため「正四尺玉」と呼ばれる。

また、花火玉の構造上、1つの玉に仕込む内容や細工が充実するのは5号玉以上の大きさで、それより小さな玉はに玉数を多く必要とするスターマインなどに使われるという。

打ち上げられる高さや開したときの直径も花火玉の寸法次第。尺玉ともなると、東京タワーとほぼ同じ高さの約300mまで打ち上げられ、開時の直径は約280mにも広がる巨大サイズ花火となる。

これが三尺玉なら高度、直径共に約600mで東京スカイツリークラス、さらに四尺玉なら約750mという規模!まさに想像できないレベルの高さと大きさだ。打ち上がる高さを中心点としてさらに開するということは、さらに半径分高いところまで弁は到達するということ。そのスケールは圧巻のひと言だ。

■ 町中が花火一色に!片まつりの名物・四尺玉

四尺玉といえば、全的に知られる大会として新潟県小千の「片まつり」が挙げられる。浅原神社への奉納煙火であり、誕生や結婚、成人、還や厄払いなどの節に個人や家族、同級会などが神社花火を奉納する形式で行われる特徴的な行事だ。

1985年に正四尺玉の打ち上げに初めて成功し、後日、「世界最大の打上花火」として当時のギネス世界記録にも認定された。以降、毎年打ち上がる四尺玉が名物となっている。

これから花火はどこまで大きくなっていくのか?この花火サイズに思いを馳せながら観賞するのもいいだろう。(東京ウォーカー(全版)・ウォーカープラス編集部)

片貝の煙火筒