花火と言えば、夜空と音でやかにるものと思う人が多いはず。だがしかしに打ちあがる花火も確かに存在するのだ。今回はあまり知られていない「花火」について紹介しよう。

【写真を見る】昼花火の彩煙柳

■ あまり知られていない花火の分類と種類

運動会お祭りなど、イベントや催事でもお染みの開幕を告げる「号(ごうほう)」。これはや煙を出さない音だけの花火で、「花火」の一種だ。日没後の夜空に打ち上げる一般的な打ち上げ花火を「物」または「花火」と呼ぶのに対して、明るいに打ち上げる花火は「物」「花火」という分類で区別されている。

ドン!と単発で鳴るものが「号」、「ドンドンドン!」と間隔を開けて連発で鳴るものは「段(だんらい)」、時間差なしで一斉に破裂して「ダダダッ」とか「パラパラパラ」と音が鳴るものは「万(ばんらい)」。ちなみに段は、3発なら「三段」、5発なら「五段」と呼ばれている。大きな音を出して破裂する「(らい)」または「粒(らいつぶ)」という部品を花火玉の中に入れているので、それぞれの名称に「」がついている。

■ 見る機会が少ない花火の競技はレア感抜群!

音を出すと同時にカラフルな煙が状に垂れる「(さいえんやなぎ)」や、発煙筒をパラシュートって色煙の線でを描く「(さいえんりゅう)」、パラシュートに旗がついた「旗物(はたもの)」、人形動物をかたどった製の袋を中に漂わせる「袋物(ふくろもの)」など、花火にもさまざまな種類がある。

花火の代表格「菊」に対し、花火には色煙で菊花を描く「煙菊(えんぎく)」も。いずれの花火も夕刻のに映え、鮮やかに色が浮き立つよう工夫されているものが多いようだ。

の色やの量、向きなどが花火の見え方に直接影してくるので、花火花火単体の美しさを競うのに対し、背景となる自然とあわせて楽しむ情美こそが花火醍醐味と言えるのかもしれない。

現在花火の競技は「大曲の花火」の花火の部でしか鑑賞できないものの、独特のアイデアと技術を駆使した煙と音の芸術は見応え十分!花火とは違った魅に出会えること間違いなしだ。(東京ウォーカー(全版)・ウォーカープラス編集部)

煙の色が華やかな昼花火