モロッコとの争いを制し、男女W杯開催実績を持つ米国メキシコカナダに決定

 2026年に行われるワールドカップW杯)の開催地が、北中3カ共催に決まった。現地時間13日の国際サッカー連盟FIFA)の総会で議決された。

 ロシアW杯開幕を前に控えてモスクワで開催された総会で、アメリカメキシコカナダの3カ共催が決まった。最終補にはモロッコの単独開催と北中3カ共催の二案が残り、それぞれが15分ずつのプレゼンテーションを行った後に投票が行われ、1回で賛成多数となって決定した。

 FIFA2026年大会から出場48に拡大することをすでに決定。今回の投票では、アメリカ1994年メキシコ70年と86年にW杯の開催実績があり、カナダ2015年女子W杯を開催した実績があり、すでに十分な観客席のあるスタジアムが用意されていることなどから、優位になるだろうと見られていた。

 現状の開催案では、およそ6割の試合がアメリカで開催され、メキシコカナダでは2割ずつの試合になるという。ロシアでの熱戦を前に、8年後に世界の頂点を争う舞台が決まった。


Football ZONE web編集部)

2026年W杯は北中米3カ国共催に決定した【写真:Getty Images】