西武で初登板先発初勝利となれば、1999年松坂大輔以来の快挙

西武ヤクルト(13日・メットライフ

 西武2016年ドラフト1位今井達也投手が13日、本拠地メットライフドームで行われたヤクルト戦でプロ入り初登板先発した。初回、威十分のストレート150キロ台を連発し、3者退に封じる見事な立ち上がりを見せると、交流戦首位に立つヤクルト打線を相手に6回4安打1失点に封じる好投。リードを保ったままリリーフに後を託し、勝ち投手の権利を持って降した。

 を見っ直ぐを次々に投げ込んだ。プロ先発となった今井。初回先頭の荒木を追い込むと、7球スライダーを外低めいっぱいに決めて見逃し三振。続く青木151キロのっ直ぐで右飛に打ち取ると、川端は4球151キロのストレートで遊ゴロに仕留めて好スタートを切った。初回に投じた19球のうち、ストレートが13球。そのうち12球が150キロオーバー。圧巻の立ち上がりを見せた。

 3回先頭の西浦二塁打を許すと、続く井野の二塁へのゴロで、送球を一塁の山川が弾いた(記録は内野安打一塁手失策)。ボールをこぼす間に二塁走者が一気に本塁に生還し、不運な形で先制点を許した。だが、後続から2つの三振を奪うなど最少失点で切り抜けると、6回まで4安打6奪三振で1失点(自責0)に封じた。

 打線は4回に外崎、メヒアが2者連続本塁打を放って、試合を逆転。今井リードを守って、勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。プロ登板先発で初勝利を飾れば、西武では1999年4月7日松坂大輔以来、19年ぶりとなる。(Full-Count編集部)

西武・今井達也【画像:(C)PLM】