花火歴史は火歴史花火の原料である火を使った武器を初めて日本人にしたのは、鎌倉時代中期の元においてではないかと考えられている。文永の役(1274年)と安の役(1281年)の2度にわたる古襲来の際に元軍が使用した「てつはう」という火武器の存在が文献や絵巻物に残されている。

【写真を見る】海底遺跡から出土した「てつはう」

矢だけで戦っていた日本武士が、爆発音と煙火を発する炸裂弾に出くわしてどれほど驚いたことだろうか。文献には「がくらみ、もふさがり、東西の別も分からなくなった」と当時の衝撃を伝える記述が見つかっているが、「てつはう」による日本人の死傷者の記録は見つかっていないそうで、実際にどれほどの武器であったのかはこれまで判然としなかった。

海底に眠っていた中世ロマンを徹底調

を用いた炸裂弾「てつはう」はベールに包まれていたが、その一端が長崎県で解き明かされた。長崎県松浦では1980年から海底遺跡の調を続け、約4000点の遺物を海底から発掘。暴”で海底に沈んだ元軍の船をも引き揚げた結果、水中遺跡「神崎遺跡」として2012年史跡に定された。

中国でも出土品がなく実態は長く不明のままだった「てつはう」だが、同遺跡から未使用品の実物が見つかったことで、調によって詳しい構造が判明したのだ。

外部は陶製で径約20センチの球状。黒色はそれほど威が強くないため、これまでは導火線に火をつけて投げると破裂し、大きな爆発音と煙によって敵の人を威嚇し、をくらますための武器だったのではないかとも考えられていた。

しかし、「てつはう」の内部からは火のほかにも片や片が発見された。破裂後に内部の片などが飛び散る構造で、威嚇的ではなく相応の殺傷を期待した武器であったことが解明されたのだ。

その後、日本に火器がもたらされたのは16世紀、種子島への伝来を待つことになる。この時、ポルトガルから火縄銃と、その製造技術や射撃法などが戦国時代日本に伝わった。もちろん、戦乱の世における火の使いはもっぱら武器使用。平和的使用の花火が普及するのはさらにもう少し後、徳時代を待たなければならない。(東京ウォーカー(全版)・ウォーカープラス編集部)

鷹島神崎遺跡展望所風景