花火大会フィナーレを飾ることも多い人気の「スターマイン」。プログラムに打ち上げ方法として記載されているものが作品名のように見えてしまうのかもしれないが、スターマイン花火の名前ではなく、いわゆる「速射連発」の打ち上げ方法の名前だ。すっかりおなじみ、けれど意外と知らないスターマインについての豆知識を紹介しよう!

【写真を見る】花火大会で圧倒的な存在感を見せるスターマイン

数十発から数発におよぶ花火玉を連続で打ち上げる方法のことをスターマインと呼ぶ。和製英語ではないかと思われるが、ネーミングの経緯はあまりはっきりしないらしい。ただし、海外花火スターマインという表現は見当たらない。

近年の花火大会ではオープニングフィナーレなどの要所で使われ、抜群の存在感を放っている。スターマイン見たさに大会へと足を運ぶ人もいるのではないだろうか。かつての花火大会では仕掛け花火の合い間に打ち上がる「裏打ち」として脇役扱いだったのが、今ではもが認める役級の活躍ぶりだ。1959年昭和34年)には茨城県の土全国花火競技大会で「速射連発の部」(後に「スターマインの部」に称)として独立し、競技部門の一つに。以降、煙火業者たちのいっそうの研鑽によりスターマインクオリティは飛躍的に向上した。

テクノロジーとの融合スターマイン盛はゆるぎないものに

その躍進を牽引したのは、点火方法の移行だろう。人の手で打ち上げる「手打ち」から電気点火に変わったことで、従来の導火線使用では成し得なかった発射時間の精密なコントロールが可になった。

電気を流すタイミングコンピューターによって全制御することで、設定通りに複数の花火を開させる。つまり、より複雑な組み合わせの構成が実現可になったのだ。現在遠隔操作による電気点火が全に流で、安全面も格段に善されたという。

コンピューターに制御された高精度な点火は花火音楽とのコラボレーションにも一役買っている。従来の音楽BGM入り打ち上げとは一線を画す、音楽とのシンクロ率が非常に高い「ミュージックスターマイン」は、芸術性およびエンターテインメント性の高さもピカイチ。レーザー線など花火以外のの演出とも絡めて、完成度は高まる一方だ。

この花火大会でも々しいスターマインに焼き付けて、素敵な思い出の一ページにしよう。(東京ウォーカー(全版)・ウォーカープラス編集部)

花火大会で見るスターマイン