「こわい」「キモチ悪い」と、わりかしアンチを聞く気がする、ヘビの類。動物園にある「両生類は虫類舎」には、そんな嫌われがちなヘビたち3種が展示されています。

【写真を見る】旭山動物園/アオダイショウ。ぱっちりした目がキュート

それは、アオダイショウ、シマヘビニホンマムシの3種。どれも日本の固有種です。「やだー、ヘビの話なんて興味ない」なんて画面を閉じようとした方! だまされたと思って3分留まってください! ヘビ、言うほど怖くないんです、むしろカワイイんですって。

まずはアオダイショウ日本で一番ポピュラーヘビです。おとなしくて、ぱっちり開いた丸いキュート。何よりステキなのは、色。本州産のアオダイショウ系や系のものが多いそうですが、北海道産のものはみがかったものが多いらしく(私も民ですが、アオダイショウというとっぽいイメージ)、特に美しい個体は、マニアの間で「エゾブルー」なんて呼ばれているのだとか。

両生類は虫類舎」には、アオダイショウ用の通路「ヘビブリッジ」が設置されているので、フンが落ちてくるやもしれぬ恐怖にビビリながら、頭上を通る姿を眺められるというドキドキ体験が可! ちなみに、アオダイショウがフンをするのは2かに一度くらいなので、逆に落とされたらレア。素直に喜びましょう。

おとなしいアオダイショウですが、さすがに突いたり捕まえたりしたら怒ります。尾を震わせたり、お尻から嫌なにおい(臭い)を出したりするので、端で出会ったらそっと見つめてあげてください。

一方、アオダイショウよりやや小ですが、性格が荒めなのがシマヘビ。英名で「Japanese four-lined snake」と呼ばれるとおり、タテに4つのラインが入っているのが特徴です。ただ、シマヘビの模様には個体差がしく、ヨコに模様が入っていたり、まったく模様がなかったり、全身だったり(カラスヘビ、と呼ばれます)、「フォーラインじゃないじゃん」と突っ込みたくなるのですが。違うのは模様だけで、どれもはありませんよ。

動きがとても素いうえ攻撃的なので、野生のシマヘビを捕まえたら、ほぼ咬まれるそう。でも、シマヘビも身を守るために必死ですからね。「すごい咬んでくる=すごく怖がってる」と思うと、怖さも(怒りも)和らぎますね。

そして3種類めがニホンマムシ北海道に生息するヘビでは一のヘビです。ずんぐりむっくりした体形で、背には丸い模様が2つずつ並んでいます。がある=すぐ襲ってくる、というわけではなく、基本的におとなしく、自分から襲ってくることはないそうです。面いのはを産まないところ。「胎生」といって、ヘビを産むのだとか。

ちなみに、ヘビたちの食事はハツカネズミに3回ぐらい、1匹ずつ食べるそう。そう、毎日食べなくても気なんです! そんなところも、慎ましやかに感じられて好感度アップです。もし、飼育員さんが給餌しているところに遭遇したら、観察のチャンスですよ。

いかがですか? 「ヘビ=こわい」、ってイメージくなりましたか? それぞれヘビの性格にもよりますが、基本的におとなし生き物なんです。ぜひ怖がらず、ペンギンを見る感覚で眺めてみてくださいね

写真提供旭川市動物園

旭川市動物園 ■開園期間:期開園4月28日(土)~11月3日(祝)  ■時間:期開園9:3017:15(入園は~16:00)、10月16日(火)~11月3日(祝)は9:30~16:30(入園は~16:00) ■住所:旭川市旭川町倉沼 ■電話:0166・36・1104 ■料大人820円、中学生以下無料北海道ウォーカー・出村子)

旭山動物園/アオダイショウ。園内では7匹程度飼育