フィオレンティーナイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが、プレミアリーグの複数のクラブから関心を寄せられているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が12日に報じている。

 報道によると、キエーザの獲得に強い関心を示しているのは、リヴァプールマンチェスター・Cマンチェスター・U。具体的なオファーが近日中にも提示されるとの見方が強まっており、争奪戦が繰り広げられることとなりそうだ。

 なおキエーザについてはイタリア内のクラブも獲得に動いているようで、インテルは移籍4000万ユーロ(約52億円)を提示したが、フィオレンティーナ側が拒否。同クラブは移籍額を7000万ユーロ(約911000万円)以上の額に設定し、強気な姿勢を見せているという。

 フィオレンティーナは昨年イタリア人FWフェデリコ・ベルナデスキがユヴェントスに移籍。今は“もう一人のフェデリコ”を放出することとなりそうだ。

 キエーザは1997年まれの20歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016-17シーズンセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月デビュー2017-18シーズンセリエAでは全38試合中36試合に出場し、6得点を挙げている。

プレミアリーグのビッグクラブが熱視線を送っているキエーザ [写真]=Getty Images