スペインサッカー連盟(RFEF)は13日に会見を行い、フレン・ロペテギ監督の解任を発表した。同日付のスペインアス』がRFEFのルイスルビアレス会長の会見でのコメントを伝えている。

 12日、2018 FIFAワールドカップ ロシア終了後にロペテギ監督レアル・マドリード指揮官に就任することが発表されていた。ルビアレス会長はこの事実について「発表される5分前に知った。これは許されないことだ」とコメントしている。

RFEFで働いている人間と何らかの関係を持つ場合、そこで働く人間に話をしなければならない。これは基本的なことだ。レアル・マドリードはより良い新指揮官を探していた。これは正当なことだと思う。だが、スペイン代表は全てのスペイン民のためのチームだ。民を代表して戦うことを自覚しなければならない」

 また、ロペテギ監督については「裏切られたとは思っていない。彼はスペイン代表で偉大な功績を残してくれた」とった。

 最後に、ルビアレス会長は「W杯という最大のイベント前に迫っており、2日後には重要なゲームが控えている。まずはW杯で結果を出すことにフォーカスしたい」と話している。

 なお、ロペテギ監督の後任には代表チームスポーツディレクターを務めていた元同代表DFフェルナンド・イエロ氏の就任が決定している。

スペイン代表の監督を解任されたロペテギ監督 [写真]=Getty Images