6月は5試合6イニングに投げて、驚異の12奪三振

 2018年MLB彗星のごとく現れた剛腕投手がいる。カージナルスジョーダン・ヒックス投手だ。これまでメジャー最速の投手といえば、ヤンキースの守護アルディロス・チャップマン投手だったが、今季はこのヒックスが球速ランキングの上位を独占している。

 ここまで31試合に投げて2勝1敗1セーブ防御率2.06の好成績を見せているヒックス。球速100マイルえるだけでなく、そのボールが大きく変化することで、見るものに衝撃を与え、度肝を抜いている。MLBデータ解析システム「スタットキャスト」による今季メジャースピードランキングは5位までがヒックス。最速は105.1マイル(約169.1キロ)となっている。

 ここまでカージナルス救援の中でも覚ましい働きを見せている右腕だが、地元セントルイストゥデイ」は、この右腕が投じるファストボール、ではなくスライダーに注ファストボールとともに、威抜群のスライダーの切れ味を称賛している。

 12日(日本時間13日)に行われた本拠地でのパドレス戦に3番手で登板したヒックス。8回に3者連続三振を奪うなど、2イニングで4奪三振、1人の走者も出さない璧な投球を披露。同はヒックスの「いつも何があっても、上手くいっていてもいなくても、ただゾーンに投げるようにしているんだ。ゾーンに投げれば、自分の投球は活きると思う。ゾーンから外れると、効果的ではなくなるんだ」とのコメントを紹介している。

 記事では、6月に入ってヒックスが、5試合6イニングを投げて12個の三振を奪っていることに言及。好投の要因を「ヒックスのスライダーである。パドレス戦で奪った4つの三振のうち3つがスライダーで奪った三振であった。変化球が効果的であるためには、まず直球の制球からはじまる。ヒックスの直球の制球が良ければ、スライダーが圧倒的な球種となる」と摘。ヒックス自身は「基本的に打者が直球を待っているから、ゾーンの外へのスライダーを投げることで空振りを奪うことができる」とっている。

 球速169キロで、大きく変化するヒックスの“シンカー”に大きな注が集まるが、そのスライダーの切れ味も必見。チャップマンをえるスピードスターとなり得るヒックスからが離せない。(Full-Count編集部)

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】