東方神起 LIVE TOUR ~Begin Again~ Special Edition in NISSAN STADIUM
2018.6.10 日産スタジアム

東方神起にとって3度の全5大ドームツアーとなった『東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』。札幌ドームを皮切りに、札幌東京名古屋大阪福岡と、追加演も含め自己最多ドーム演数となる全5大ドーム17演を行ない、2017年2018年を跨いで78万人を動員して締めくくられた壮大なツアーとなった今ツアーは、2015年に入隊したユンホとチャンミンとの約2年ぶりの再会の場でもあったことから、いつも以上にそこは、特別な場所となっていた。

そんなドームツアーから約4ヵ。彼ら東方神起日産スタジアムのステージに立った。6月8日、9日、10日に行なわれたライブは言うまでもなくソールドアウト。日産スタジアムでの3日間単独演はアーティスト史上初の偉業である。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

彼らが日産スタジアムに立つのは5年ぶりのこと。5年前に見た色と同じ色を再びにした彼らは、何度も何度も感謝の言葉を口にしていた。もはや、【東方神起】と聞いて、その存在を知らない者はいない。そんな存在になった今も、彼らは常にステージの上から謙虚な言葉をオーディエンスへと投げかける。今回の日産スタジアムでのライブでもそうだった。

その言葉に決してい。今では、チケットを入手するのが困難なほど、即日売してしまう彼らだが、日本デビュー当時は小さなライブハウスから活動をスタートさせているのだ。では既に絶大な人気を誇っていたこともあり、戸惑うことも多かっただろう。基盤の整った場所に立ったわけではなかった。彼らは新たに課せられた試煉の中、一から開拓していったのだ。彼らはきっと、今もそんな色を忘れていないのだろう。故に、徐々に自分達を愛してくれる人達が増えていった喜びは本物であり、それこそが彼らの支えとなっていったに違いない。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

彼らが今、自分達を愛してくれる人達を“東方神起プライド”と呼ぶのは、応援してくれる人達と共に、自らの努と実で築き上げた地位と歴史を意味する言葉であると同時に、それは強いを意味するものであると私は思う。

MCユンホが言った「いつまでも初心を忘れることなく、頑っていきたいと思っています」という言葉からも、その想いが強く感じ取れた。そして。何よりも、ユノもチャンミンも、一たりとも手を抜くことのないパフォーマンスと歌唱で、見る者を楽しませようと全を尽くすその姿からは、言葉以上のプライドが放たれていた。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

日産スタジアムの2日真夏日となったが、最終日は一変して雨。そんなの中でも彼らは、まったく動じることなく、3時間越えのライブを全で魅せきったのだ。まさに、そのの量は、中止となってもおかしくはないほどの量であり、彼らがヴィジョンに大きく映し出される場面では、彼らを打つの量のしさがはっきりと見えた。3曲に届けられた「Humanoids」では、ステージに堕ちたが、2人のダンスによってしぶきとなって再び宙に舞った。ときおり濡れたをかきあげながら躍る2人。狙ったわけではないさらなるしさが、いつも以上にパフォーマンスダイナミックに浮き立たせた。

に濡れたステージは滑りやすく、躍りにくい環境にあったことは間違いない。しかし、彼らは手加減することなく、璧なスタイルで全曲と向き合った。

Superstar」ではダンサーたちと阿修羅的なパフォーマンス強くも美しくキメ、「B.U.T(BE-AU-TY)」ではメインステージからフライングで一気にステージ後方のサブステージまで移動した。今回のライブは『東方神起 LIVE TOUR 2017 ~Begin Again~』のスペシャルヴァージョンということで、東京ドームでも同じ演出が行われたのだが、なんとフライング距離東京ドームの3倍であったというから驚きである。切れの良いサウンド感と中毒性のあるフレーズでオーディエンスを引っると、続けて大きなスケール感のダイナミックな歌モノ「Spinning」へと繋げ、スラップフックとなったハネ感のあるサウンドが特徴的な「Survivor」で勢いを止めることなく盛り上げていった。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

ゆったりとしたバラード曲「One and Only One」では、2人のの相性の良さを感じさせるコーラスワークでオーディエンスを魅了した。時おりを閉じてを伸ばすチャンミンの甘く丸みを含んだ歌と、最後の言葉を柔らかく歌ったユンホの歌は、とても心地よいものだった。

映像を挟んで届けられていったミドルナバーシアワセ色の」では、2人それぞれ紋をしっかりと感じ取れたあたたかい歌に、オーディエンスはまっすぐに向き合った。この曲に込められた“永遠の”は、彼らから曲を通してオーディエンスに贈られた、変わらぬメッセージであったことだろう。何処までも、変わらずにずっと愛し続けると誓うこの歌は、の中で美しくいた。チャンミンの願いが込められた叫びに引き込まれる「Bolero」にも、オーディエンスは大きな拍手を届けたのだった。

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

ライブ後半の見せ場はソロシーン。客席から“チョンユンホ”のかけがかかる中、格漂う硬ダンスと、さすがなダンススキルを見せつけたユンホの「Drop」と、キーの高さの美しさと刹那的なメロディを感情たっぷりに歌い上げたチャンミンの「Forever Love」(X JAPANカバー)に大きな歓と拍手が沸き上がった。さらに「Purple Line」「Why?[Keep Your Head Down]」で拍をかけ、ラストまで一気に畳み掛けた彼らは、アンコールでも代表曲である「Rising Sun」を届けるなど、余すところなく東方神起を堪させてくれたのだった。

そしてこの日、彼らの口から9月からの全32演のアリーナドームツアーの開催が発表された後、7月25日リリースされる新曲「Road」が披露された。とてもナチュラル世界観の新曲を、彼らは大きく左右に手を振りながら歌って届けた。

“ここから再び東方神起歴史が始まっていく”ことを意味する“Begin Again”というタイトルを掲げたライブであったことから、「BeginAgain Version~」を彼らが届けたときには、配布されたライトが客席に【WE LOVE TOHOSHINKI】の文字を浮かび上がらせた。

2年の活動休止を経ての新たな歴史の始まりをめて感じたライブだった。壮大な敷地が、東方神起カラーであるで染まった日産スタジアムの色と、共にずぶ濡れになってを重ねたそのかけがえのない時間を、彼らはこの先も決して忘れることはないだろう。

9月から始まる新たな未来にも、いままで以上に彼らと彼らを支えてきたファン笑顔が広がっていることを切に願う。

取材・文=武市尚子

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム

 

東方神起 2018.6.10 日産スタジアム