19歳のシンガーソングライターeillのデビュー曲のMVで、人気モデルモーガン羅がMV初出演を果たしていることが分かった。

eillは、東京出身、19歳のシンガーソングライター15歳ジャズバーで歌い始め、その頃からオリジナルソングを作り始める。透き通る歌スキルフルヴォーカルワークは聞く人の裏に惹き込み魅了する。高校生の頃には、PAELLASのアルバム「Pressure」の収録曲”P house”にてフィーチャリングで参加。また、韓国ヒップホップアーティストとも交流があり「721(RHEEHAB+OCEAN)」という曲でRHEEHABOCEANコラボ曲を制作するなど積極的に活動している。

Sound Cloudに掲載した曲が10000回再生されたのを記念して渋谷新宿タワーレコードにてdemoを限定発売中。また、Seihoが制作した中村アン出演のPEACH JOHNCMソングの歌唱にも起用され大きな話題を呼んでいる。

そんな彼女デビュー曲となる「MAKUAKE」は、何かに挑戦する時、思い描いていた世界の幕が開け、物語がはじまる間の答えを模索する人の為の応援歌となっている。

この楽曲が本日から配信各社のサイトで開始。また今作では、人気モデルモーガン羅がミュージックビデオに初出演していることも明かされ、さらなる話題を呼ぶことだろう。YouTubeにて開しているので気になる人はチェックしてみよう。

eillのデビュー曲のMVに人気モデルが出演