中の男が彼女に心を奪われたという。そんな美人の代名詞になっている小野小町の美貌を作ったのが、今や美容の定番になっている“コラーゲン食”だったのである。

 クレオパトラ、楊妃と並ぶ世界3大美人の一人が小野小町だが、安時代前期の女流歌人ということ以外、生没年、、経歴などは諸説があって不詳。が多い女性なのだ。とはいえ、絶世の美女であったことは確かなようで「子洗小町」にはこうある。

〈幸運にも小町を合わせることができた男どもは、たちまち呆けたようになって発熱し、ぶらぶら病になる者が少なくなかった〉

 それでも小町は、言い寄る男性たちの婚を片っ端から断り続けて生涯独身を貫いた。彼女はめったに素顔を見せなかったとも言われているが、美の追究には貪欲で、美貌にいいと聞くや各地から味を取り寄せて、この世の贅を味わっていたのだった。

 安時代中期の作と見られる「玉造小町壮衰書」には、彼女の食した料理が記されている。彼女の食には、彼女のリクエストに応じ日本各地から集められた山味があふれていた。一部を抜き出すだけで、うなぎのあぶら身、ウズラの汁物、の熱汁、がんの辛、きじの蒸し、大がんの鱠、うさぎの脾臓、煮たるあわび、煎りたるはまぐり、かにの大、たにしの胆、かめの尾、の頭部、の旨煮、コラーゲンたっぷりの食材、料理が並ぶ。川田氏が説明する。

「彼女の料理は、コラーゲンが豊富な食材が多い。コラーゲンは肌のハリや弾の維持などの美容効果には欠かせないものですが、関節の動きをスムーズにするので痛や膝の痛みにも効く。また、の成分もコラーゲン。コラーゲンが少なくなると、が弱くなります」

 小町を好んだというが、手に入らない時はもっぱらを食したという。

はもともと、効として使われていたが、コラーゲン、ビタミンB1などが多く含まれているので、むくみや疲労によく、美容効果も高い」(川田氏)

 食文化研究永山夫氏は、小町の食生活をこう評する。

小町の卓越している選択眼は、フルコースの中にショウガを添えるのを忘れなかったことです」

 解、消炎作用のあるシネオールや強い殺菌作用のジンゲロール、そして血行を促進し、体を温め新陳代謝を活発にするショウガオールが含まれている。

小町がこれだけの山味を食べても食中毒を起こさなかったのは、ショウガの効と言っていい。ショウガを食べるとホルモンの分泌が盛んになるので、コラーゲンの効果も倍増したのでしょう」(川田氏)

 男でも肌のハリとツヤの維持は老化防止になり、モテるポイントとなる。

小野小町愛した「の旨煮」】

材料1.6kg(2cm厚の筒切り7切れ)、ショウガ1かけ(2030g)、砂糖600g、醤油2カップ4カップ程度、3カップ程度、ざらめ100g

◎作り方:(1)を入れ、ひたひたになるまでを入れる。次にの1~2cm上まで加え、スライスしたショウガも入れる。(2)砂糖醬油を入れ、落とし蓋をして沸騰させる。(3)アクをていねいに取り、弱火で煮詰める。(4)気がなくなり、身の表面にきれいな照りが出てきたらできあがり。※をさばく時は、肝をつぶさないように取り除く。つぶしてしまうと苦くて食べられなくなってしまう。煮詰めすぎると固くなるので注意。

アサ芸プラス