ロシアW杯本大会の開幕を控えるサッカー日本代表長友佑都が突如、“金髪ヘアー”でトレーニング場へ登場したのは6月10日。「明るい話題がいので、せめて髪色ぐらいは明るく」などと自虐気味にそのワケを説明している。

 6月9日際親善試合スイス戦では0-2と惨敗し、“収穫ゼロ”とのブーイングも浴びせられた日本代表チームだが、ベテラン長友はこの嫌なムードを払拭したかったのか、髪色突然金髪に大胆チェンジオーストリア、ゼーフェルト練習場に駆けつけたファン記者を驚かせている。

 イメチェンの理由について、長友は「心機一転です。本当はスーパーサイヤ人になりたかったんですけど、単なるスーパーゴリラになった」と答え、続けて「なかなか(今の代表チームに)明るい話題がないのでせめてぐらいは明るくしておこうかなぁと。それは冗談ですけど」などとった。

ヴァヒド・ハリルホジッチ監督から現在西野朗新監督に変更されて以降、この時点で、まだ1ゴールすらも奪っていない日本代表だけあり、ファンのピリピリムードは途絶えていませんでした。普段なら明るく受け入れられるようなトピックですが、ネット上では『そもそも全然似合ってないが』『似合う人と似合わない人でここまで差があるんだな』『マジで話題作りが惨めすぎる。中学生かよ』『寂しいなぁ…この現状』『そんなことしてないで必死にやってくれ』といった悲観的なものが多く、冷ややかなが寄せられていた。また、長友がやや不自然金髪姿を披露したことで、『本田)って意外に金髪似合ってたことが分かる』『長友のおかげで判明した本田金髪レベルの高さ』との摘まで出る始末に。やはり長友はそのままの黒色ベストだったのかもしれません」(スポーツライター

 もちろん長友自身も決して“オシャレ”のために髪色を変更したワケではなく、この時点でのネガティブな状況を打破すべく、ベテランとして何ができるかを日々模索したが故の振る舞いだろう。 

 これが奏功したのか、出場こそしなかったものの、6月12日の強化試合の対パラグアイ戦ではみごと快勝した日本代表長友のまばゆいばかりの髪色が、試合に出ても出なくても、サムライブルーの吉報につながることを祈りたい。

ジェイコヴ)

アサ芸プラス