「この状況でお笑い仕事に未練を持つとはねえ」

 関西の芸記者が呆れていたのが、6月4日に10代女性の下半身を触った強制わいせつの疑いで大阪府警に逮捕されたお笑い芸人、グイグイ大脇(本名・大脇拓)だ。大阪市内で記者を集めて謝罪したが、その装はスーツ姿ではなくポロシャツチノパンというカジュアルなものだったという。

記者が、今後どうするのかと聞いたら『好きで入った世界なので、自分から辞めるとは言えない』なんて言ってました。をかけてきた女性ファンを襲っておいてよく言えるなあと、現場の記者らで顔を見合わせましたよ」(同)

 所属の吉本興業は、「今後の捜状況によって処分を検討する」とし、現在は自宅謹慎となったというが、芸人としては“終わった”レベルの話だ。

 事件は4月19日大阪茨木市を走っていた電車内で10代女性から「大脇さんですか?」とをかけられたのをきっかけに、女性電車を降りても路上や商業施設のエレベーターにまで10分以上にもわたって付きまとい、キスをしたり、の上から胸や下半身を触ったりしたという。

 その様子が防犯カメラなどに映っていたことから犯行が裏付けられ、逮捕となった。大脇容疑者は警察の聴取に「女性が自分の好みだった」と容疑を認めたと伝えられた。

「よく泥酔するまで飲む人だった」と話したのは大脇容疑者と親しかった元芸人テレビ関係者。

「事件を起こすようには見えなかったけど、調子に乗りやすい性格ではあった」(同)

 大脇容疑者は04年ごろから「大脇里村ゼミナール」「あしゅら」のユニットで活動後、デビュー当時からやってきたギャグ「グイグイ」を芸名に乗せ、得意の英語を生かしたネタを披露するピン芸人だった。最近は「10000人とグイグイをしよう!」と呼び掛け、芸人やファンらと一緒に「グイグイ」ポーズをした姿を撮ってTwitterに掲載していたほか、学校うんちに行くのが恥ずかしい子どもたちのために「うんち体操」を広めようと動画プロジェクトを立ち上げ、その制作費用をクラウドファンディングで募り、標額をえた211万円が集まったことを報告していた。

 しかし、今回の事件で仕事はすべては吹き飛んだ。サンテレビ情報スタジアム4時!キャッチ』などの出演番組は即キャンセルされ、8日降が決定。芸人としての活動は絶望的な見通しだ。

 前出記者によると、事件のあった前日、大脇容疑者は大阪国際空港伊丹空港)の新ターミナル先行オープン記念イベントに出演、展望デッキに設置された「よしもとエンタメショップ」の前でお笑いコンビ「和」と一緒に来店者を出迎えていたという。

「本人は『こういうイベントにもどんどん出て“グイグイ”と客を引っる客寄せ芸人になれたら面い』とか言っていたんですけどね。何かとブレークにつなげようとする欲の強さは感じました」と記者

 しかし、その“欲”は別の方向で発散されてしまった。をかけてきた女性を襲うという愚行には、ファン言していた女性からもネット上で「怖い。2度と見たくない」と書かれてしまい、Twitterで名前を出し合っていた芸人仲間たちからは本件について一切言及されず「他人のフリ」をされてしまっている。

 さらに前出記者が心配するのは「妻子からも見放される」ことだ。大脇容疑者は09年に結婚した女性と14年に第2子の男児が生まれたことをにしていた。

さんは美人と評判の女性ですが、アラフォーになった彼のブレイクをずっと信じて、収入が少ない中でも活動を支えてきたんですけどね」(同)

 ただ、実は大脇容疑者は6年前、ある占い師から「離婚」を予言されていた。同期芸人たちと泥酔した勢いで路上営業の占い師に見てもらったところ「仕事の夢はすべてかなうが、運命的にはと離れる」と言われ、「その場で1万5,000円を払えば厄払いができる」とされたが、手持ち5,000円しかなく、占い2,000円を支払って去ったという。

「その占い師は芸人の間で『良く当たる』と評判の人で、仲間内では『グイグイはいつか離婚する運命』と化されてもいたんです。そんな中で、さんに離婚を決意させるような今回の事件ですからね。占い師が予言した『仕事の夢がう』というのがクラウドファンディングの成功をしていたのなら占いは大当たり。同じように厄払いを断っていた芸人のひとりは、慌てて『厄払いに行く』と言ってましたよ」(同)

 グイグイ本人は「グイグ占い」という占いネタをやってもいたが、自分の暗い“未来”は予知できなかったようだ。
(文=片岡NEWSIDER Tokyo)

吉本興業公式サイトより