治安が良く、地中海美しい自然と旧風景が楽しめるマルタマルタ共和国)。

世界遺産に登録されている首都のヴァレッタをそぞろ歩くのもいいですが、せっかくマルタにやってきたならヴァレッタから日帰りでほかの都市にも足を延ばしてみたいものです。

マルタの中央部に位置し、「静寂の町」の異名をもつ古都がイムディーナ。

紀元前700年ごろにフェニキア人によって要塞化されて以降、聖ヨハネ騎士団がヴァレッタを建設するまで、長年にわたってマルタの中心地として栄えてきました。イムディーナはまで見渡せるの最高地点にあり、軍事的な要所に位置しているからです。

16世紀には首都となり、最盛期には24の貴族の館が並んでいたといいます。

とはいえ、現在のイムディーナは、面積東京ドームの2倍弱、人口は300人弱という非常に小さな町。首都がヴァレッタに移ったことで人が少なくなったイムディーナは、「静寂の町」と呼ばれるようになりました。

首都のヴァレッタからイムディーナへは、バスで約35分。マルタ観光スポットを結ぶ観光バス「Hop On Hop Off Bus」も利用できます。

で囲まれたイムディーナの町には3つの門があり、メインの入口となるのがその名も「メインゲート」。

この門は、1724年、当時の騎士団長であったマノエル・ド・ヴィレーナによって築かれたものです。この門ができる前は、人々は跳ねを使ってイムディーナに出入りしていたとか。

門の左右には、ヴェレーナの紋章であるライオンの像が置かれ、門の内側にはマルタの守護人であるパウロプリウスアガタの彫刻が施されています。

門をくぐると、その先は狭い路地にハチミツ色の建物が並ぶ中世の町。観光客の姿もヴァレッタよりはずっと少なく、落ち着いた古都の雰囲気が漂っています。

イムディーナを代表する建造物が、パウロ大聖堂。マルタで最初に建てられた堂で、4世紀にはすでに原となる小さな教会が建っていたといわれています。

度重なる破壊や修復・拡を経験してきたこの大聖堂。現在見られる建物は17世紀末地震後に、マルタ建築家ロレンツォ・ガファによって再建されたものです。

規模や内部装飾のさではヴァレッタのヨハネ大聖堂に及ばないものの、格式は第一級。

荘厳な空気に満たされた教会内部では、ヨハネ大聖堂と同様、マティア・プレッティ作の天井画が見られます。なかでも「パウロの難破」のフレスコ画は有名。

あっという間に一周できてしまう町だけに、イムディーナでは地図は不要。そのかわりに、気の向くままにのんびりと路地散策を楽しんでみましょう。

メインストリート観光客でにぎわっていても、狭い路地に入り込むと、一気に人通りが少なくなり、静かに。これが「静寂の町」と呼ばれるゆえんです。

この町独特の空気感は、訪れた人を自然とのんびりしたムードに変えてしまいます。

気の良い下がり、ほかにもいない通りを歩けば自らの足音がき、どこか別世界へとワープしたかのような気分になるかもしれません。

町歩きを楽しんだ後は、ぜひバスティオン広場の近くにある「カフェ・フォンタネッラ」でティータイムを。

ここのテラス席は、マルタ大平原と地中海を見渡せる絶好のビュースポット。おいしいと評判のケーキとともに、すばらしい眺望を楽しんでみてはいかがでしょうか。

に囲まれた小さな範囲に、中世美しい風景がぎゅっと詰まった古都・イムディーナ。ヴァレッタやスリーマから足を延ばして、心安らぐ風景に会いにいきませんか。

【静寂の町】中世の面影を残すマルタの古都・イムディーナを散策