こんにちは、八雲ふみねです。

今回ご紹介するのは、現在開中の『終わった人』。

八雲ふみねの What a Fantastics! ~映画にまつわるアレコレ~ vol.160

大手銀行の出世コースから子会社に出向し、そのまま定年を迎えてしまった田代壮介。仕事一筋の人生を歩んできた壮介は時間を持て余す日々を送っていた。

「どんな仕事でもいいから働きたい」と再就職先を探しても、これといった特技もない定年後の男がそう簡単に職を見つけられるはずもなく。妻やからは「恋でもしたら」と、けしかけられる始末。

しかしある人物との出会いから、すでに止まってしまったかのように思えた壮介の運命が動き出し…。

ホラー映画の名匠・中田秀夫監督がコメディ映画に初挑戦!

“定年”をテーマに描き、同世代から絶大な支持を受けた内館牧子のベストセラ小説映画化した『終わった人』。

仕事に未練を残したまま定年退職し、家族からジジィ扱いされながらもガムシャラにもがく主人公が、故郷の旧友たちとの友情や妻とのに心救われるハートウォーミングストーリーです。

メガホンを取ったのは、『リングシリーズや『暗いの底から』などで知られる中田秀夫監督

数多くのホラー作品を手がけ、日本のみならず世界中を恐怖のどん底へと突き落としてきた中田監督ですが、実は、ご本人はとてもチャーミングロマンティスト。
メロドラマがお好きで、今回は内館牧子の原作に惚れ込み、自ら申し出て映画化が実現しました。

若い女性とのロマンスなど遊びゴコロがあふれたコミカルシーンが満載で、中田監督らしい人情喜劇となっています。

こんな舘ひろし、見たことがない!ちょっぴり“情けない”姿も女ゴコロをくすぐります!?

キャストには演の舘ひろしをはじめ、黒木瞳、広末子、臼田あさ美今井など、魅的な顔ぶれが集結。中でも特筆すべきは、やはり舘ひろし存在感でしょう。

あぶない刑事シリーズや『西部警察」など、拳銃を片手に颯爽犯人を追いかける姿は、スタイリッシュダンディそのもの。私も舞台挨拶会でご一緒させていただく際など、あのキラースマイルを間近で拝見するだけで、あまりのカッコよさにドギマギしてしまうほどです。

かしこ映画の中には、隙のない“ダンディ舘ひろし”はいません。

スクリーンに映し出されるのは…。

普段ならステキに着こなしているバスローブなのに、どこかショボくれた雰囲気でカプセルホテルで寛ぐ姿。おを突き出してスポーツセンター内をドタバタとジョギングする姿。そして、定番のカッコよさを醸し出すはずが、どこか滑稽に見えてしまうサングラススーツ姿。どれもちょっぴり“情けない姿”のハズなのに、それでも女ゴコロをくすぐってしまうのは、やはりミスターダンディのなせる業!?

さらにもうひとつの注ポイントは、主人公を取り巻く女性キャラクターたち。

黒木瞳演じる“妻”、臼田あさ美演じる“”、そして広末子演じる、主人公が恋する年下の女性。味わい深い演技で、作品世界をしっかりと支えています。また対峙する相手によって変化する“夫”、“”、“男”という主人公の“横顔”も見逃せませんよ。

タイトルは『終わった人』ですが、実は「まだまだ終わってませんよ」というメッセージが込められた本作。定年を迎えた夫婦物語であると同時に、その子ども世代も共感でき、幅広い層が楽しめる作品です。

<作品情報>

終わった人
2018年6月9日から全ロードショー
監督中田秀夫 脚本:根本ノンジ
原作:内館牧子「終わった人」(講談社刊)
題歌:今井「あなたはあなたのままでいい」
出演:舘ひろし黒木瞳、広末子、臼田あさ美今井、ベンガル清水ミチコ温水洋一高畑子、岩崎加根子、渡辺哲、田口トモロヲ、野高史 ほか
©2018「終わった人」製作委員会
公式サイト http://www.owattahito.jp/

八雲ふみね fumine yakumo

大阪市出身。映画コメンテーターエッセイスト。
映画に特化した番組を中心に、レギュラーパーソナリティ経験多数。
機転の利いたテンポあるトークが好評で、映画関連イベントを中心に会者としてもおなじみ。
八雲ふみね公式サイト yakumox.com

関連記事

『バーフバリ 王の凱旋』いよいよ待望の完全版!熱狂はまだまだ止まらないぞ!

塚田僚一&Snow Man、ボルダリングに挑む姿に胸アツ!『ラスト・ホールド!』
吉田羊が大熱演、大人のためのラブコメディ『ラブ×ドック』