空知英秋原作による実写映画「銀魂2(仮)」の正式タイトルが「銀魂2 掟は破るためにこそある」に決定。合わせてエピソードの詳細も発表された。

【大きな画像をもっと見る】

「掟は破るためにこそある」で展開されるのは真選組の内紛が展開される「真選組動乱篇」と、将ちゃんこと将軍が登場する「将軍接待篇」を合わせたエピソード。金欠で家賃も払えない万事屋3人がバイト先で将軍様と遭遇したことから物語は動き出す。福田雄一監督は「1作目のお客さんの感想を読んだときに、面白くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』に求められていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメントを寄せている。

「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、8月17日よりロードショー。同作に登場する新キャラクター5名のビジュアルも公開されている。

(c)空知英秋集英社 (c)2018映画『銀魂2(仮)製作委員会

「銀魂2 掟は破るためにこそある」に登場するキャラクターのビジュアル。