不適切な内容のツイートが発掘されて炎上し、5月18日には所属事務所から契約を解除されていた元モデル夏目雄大6月11日、「心よりの謝罪」を発表した。本人のツイッターに掲載された謝罪文では「今回になった投稿は、大半がまぎれもなく当時学生だった私が発信した投稿です」と、投稿事実を認めている。

 夏目は甘いルックスを武器に女性誌を中心にモデルとして活動し、スマホゲームテーマにした舞台では2.5次元俳優として人気を獲得。しかし事務所入り以前の13年ごろに「ぶすに人権はない」などの不適切な内容を大量にツイートしていたことが暴露され、契約解除に至っていた。

「今回の謝罪文は代理人弁護士との連名となっており、代理人によると一連のツイート16歳当時に仲間内での冗談や悪ふざけから投稿したとのこと。すでに15年5月30日以前のツイートはすべて削除されています。また今回の謝罪文では芸活動謹慎を表明しているものの、『夏目の今後の成長を応援していただければ幸いに存じます』との一文があることから、ほとぼりが冷めたら芸活動を再開するつもりのようですね」(芸ライター

 これらのツイートに関しては16歳で世間知らずのイケメン高校生調子に乗って、他人をバカにする子供じみた投稿を続けていたものと想像できる。しかし暴言だけにとどまらず、他者に対して実を与えていたとすれば、口だけの謝罪ではとても看過できるものではないとの摘もあるようだ。芸ライターが続ける。

夏目はなぜか、妊婦に関するツイートを大量に投稿。『妊婦の前で必死に便意を堪えながら』とか『妊婦さんを見るとムスコが反応する』などと、ハラスメント行為を実践したと疑われる内容も少なくありません。そして極めつけは『妊婦さんに膝カックンして絶望させる遊び』という投稿。これが事実であれば明らか暴力行為であり、体的な被害が発生した可性もあります。しかし夏目ツイート自体は認めたものの、これらの行動があったかどうかに対しては言及していません。代理人弁護士夏目に対する『行き過ぎた表現』を控えるように要請していますが、それ以前に夏目やらせるべきことがあるのではないでしょうか」

 夏目ツイートで受けた妊婦ショックや怒りはなんら払しょくされていない。その状態で謝罪を受け入れてほしいというのはが良すぎる話ではないだろうか。

根麻子)

アサジョ