機会やガジェットに弱い人に対して、スマートフォンの設定を教えるのに難儀したという経験がある人は多いのではないでしょうか。

ある『Twitterユーザー父親スマホの操作を教える時のエピソードツイート。さまざまな反応が集まっていました。

父親スマホのあれこれを教える時、USBケーブルとかマイクロSDとか言ったら「あいつは専門用ばかり使うし高圧的でムカつく」みたいなことを言われたから「データ送受信ヒモ」「すごいデータが入る」とか言ったらバカにしてんのかと言われてさすがにキレそうになったことある

「教える側の悩み」というがあったほか、「典的なアダルトチルドレン」「下の人間に見下されていると感じると攻撃的になる」といった意見もあったこの話。別のユーザーは次のようにツイート

別に年寄りだとか年配者に限った話じゃないんだよな〜
今の若い人たちも大概こんなもんだし

個人的には自分がどんなデバイス使っててどんなケーブルが必要だとかっていうの把握してないまま使ってる感覚が理解できないし、わからない事柄を放置して何となく使ってるその鈍感さに驚くよほんとに

また、量販店勤務と思しき人からはこのようなも。

こんなの日常です

スマホカード買いに来た
sdカードですか?
は?

携帯の充電の線欲しい
機種なんですか?
あ?

シートどこですか?
画面に貼るやつですか?
あ?

wi-fi欲しい
ポケットwi-fiですか?
ルーターですか?
はぁ?

絶対毎日あるあるシリーズ

「理解する気がいくせに聞いてくる」「教えを請う気持ちがない」といったもあったほか、「言い方が悪い」「適度に噛み砕いて説明しないとダメ」という意見もあった知識のない人にスマホを教える時の会話。機よりも「何ができるか」を説明するほうが理解がくて済むのかもしれません。

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』