高橋秀樹[放送作家日本放送作家協会・常務理事]

***

2018年6月12日7時。NHKチャンネルをあわせた人の多くは、いかなる立場であれ、トランプ金正恩がどのような共同明に署名したかを知りたかったからに違いない。少なくとも、バラエティエンタメを見たくてチャンネルを合わせた人はいないだろう。

しかし、NHKメインニュースニュース7」は、7時から15分もの時間を使って、どちらが先に会談が行われるホテルに着いたかとか、握手の手はどのようにさし出されたかとか、ふたりに笑顔は見られたか否かなどといった、茶番序曲とも言える政治ショーの進行を明に描いていた。

そんなことは、どうでもいい本質のほうを見せてくれと思いなが、イライラしながら先を待ったのは筆者だけではないはずだ。

【参考】米朝首脳会談成否は米政府の真摯さにかかる

さて、本題の明の文書であるが、「トランプ大統領北朝鮮に体制の保提供する約束をし、金正恩委員長朝鮮半島全な非核化について断固として揺るがない決意を確認した」と記されたという。非核化の時期については何ら言及されていないというが、そのような明は意味がい(それな北朝鮮過去社会約束したことがあるが、もちろんそれが守られなかったことは周知のことだ)。

そして、このぬるい非核化の約束に対してトランプ大統領が与えたのは「北の体制の保」である。体制の保とはどういう意味なのか? 三代の王支配をアメリカは保します、ということか。それともいくら民の人権が抑圧されようとも、北朝鮮の人民を統治するあなた方のやり方は正しいですよ、アメリカの皆さんを支持しますよ、ということなのか。

もちろん、エンタメ政治ショーになっているNHKニュース7」でそのようなことが言及されることはなかった。しかし、このことに敏感に反応したのはアメリカ記者たちだ。合意文書の内容を説明する会見を開いたトランプに厳しい言葉で質問していた。

NHKニュース7」にはこの記者会見から番組を始めるくらいの報道機関としての恃が欲しいものだ。それでも会談を政治ショーエンタメとして描こうとしたNHK。これで良いのか。