ジャニーズWESTの重大毅と神山智洋がW演するドラマ宇宙(そら)を駆けるよだか」の予告編開された。この映像には、題歌である同グループの新曲「アカツキ」が使用されている。同ドラマ8月1日よりNetflixにて独占配信される。

 本作は、容姿も性格も正反対の女子高生2人が身体と心が入れ替わったことから始まるサスペンスラブストーリー。今回、開された予告編は、高校生幼なじみの火賀(重)と史郎(神山)、そしてヒロインあゆみ清原果耶)が笑顔歩く場面から始まる。その後、あゆみと醜い容姿のクラスメイト・然子(富田望生)が入れ替わったことで4人の関係は急変。事態を信じてもらえず苦しむあゆみ彼女を追い詰める然子、あゆみをめぐって敵となり対立する史郎と火賀……それぞれの思いが絡み合っていく。

 映像には、火賀と史郎の2人がしくぶつかり合い、屋上から落ちそうになる場面や、火賀が「心配するな! が絶対お前の体取り返したる!」とあゆみ強く抱き締めたりするなど、手に汗握るシーンが満載。火賀を演じた重は「“外見か、中身か”というテーマに迫っていくストーリーで、サスペンス要素あり、どんでん返しもあり、ハラハラ観られるし、見た後に自分なりの思いが沸き上がってくると思います」と自信を見せる。

 また、予告編では、本作の題歌であるジャニーズWESTの新曲「アカツキ」の一部が初開されている。楽曲のモチーフとなる“赤月”は、作品の舞台であるの名物であり、物語の鍵となるものだという。楽曲について重は「歌詞にも“レプリカ”みたいなドラマリンクするワードが入っていますし、作品に合っていますね」とコメント神山も「作詞の方が、原作を読んで書き下ろしてくださったので、ストーリーキャラクターリンクしていますね」と物語との相性の良さをアピールした。

 あわせてポスタービジュアル開。火賀と史郎、あゆみと然子が妙な表情で手を合わせ、が大きく配置されたシンメトリックな構成に仕上がっている。それぞれが対照的な存在であることなどが表現されており、中央に「されるべきは、外見か、中身か。」というコピーが印的に添えられている。

 同ドラマ原作は、2014年から2015年まで「別冊マーガレット」(集英社)に連載された川端志季の同名コミック2016年度の「このマンガがすごい!2016」オンナ編の第5位にランクインするなど話題となった。(編集部・大内

シンメトリックなデザインがカッコいい - (C) 川端志季/集英社 (C) 「宇宙を駆けるよだか」製作委員会