スペイン代表を電撃解任されたフレン・ロペテギ氏は13日、スペインへ帰した。

 12日、レアル・マドリードは新監督にロペテギ氏が就任することを発表。しかし、同氏は5月スペイン代表との契約2020年まで延長していたため、この行動に、スペインサッカー連盟のルイス・マヌエル・ルビアレス会長激怒W杯開幕前にロペテギ氏を代表監督から解任した。

 2018 FIFA ワールドカップ ロシア開幕が間近に迫る中、帰路につく同監督空港で各メディアからマイクを向けられると次のようにコメントスペインメディアマルカ』が伝えている。

「とても悲しい。しかし、々は素晴らしいチームだし、W杯で勝てることを願っている」

 スペインサッカー協会は同氏解任の数時間後に、監督未経験のフェルナンド・イエロ氏が後任に就くことを発表している。

コメントを残し帰国するフレン・ロペテギ氏 [写真]=Getty Images