プロ4年レギュラーシーズン初救援

日本ハム 8-7 阪神(13日・札幌ドーム

 日本ハム有原航平投手が13日の阪神戦(札幌ドーム)で初セーブを挙げた。

 プロ4年レギュラーシーズン初となるリリーフ登板は、簡単には終わらなかった。3点リードの9回、2死から中谷に連打され、代打伊藤には右翼フェンス直撃の三塁打を許して1点差まで追い上げられた。

 それでも最後は原口からフォーク空振三振を奪って試合終了。思わず安堵の笑みをこぼした有原は「先発と違って、みんながつないで、上沢の勝ちもかかっていたので。勝って良かったなと思いました」。上沢、宮西、石川直、トンキンとつないだタスキを受けて上がったマウンドで1勝の重みを噛み締めた。

 中継ぎ登板は15年のクライマックスシリーズで2試合あるだけ。入団以来、先発一筋だったが、今季は右肩痛で出遅れ、初先発となった4月11日オリックス戦で勝利を挙げたものの、7試合で4勝2敗、防御率6.38と精を欠き、5月29日に登録抹消されていた。

 先発からクローザーへの配置転換は、栗山英樹監督の発案だ。「あれだけのピッチャーかないと優勝しない。そのためには、いろんな手を打ちまくる」と話していた通り、エース補と期待する有原に飛躍を促すための一手。DeNAとの試合が行われた10日、横浜に有原を呼び寄せ、当面のクローザーへの配置転換を告げていた。

 交流戦期間中はクローザーを任せる見込み。この日の試合後に指揮官は「いろんな色が見えてくれればいい。今日は最初なので、もっともっとすごい球を投げてくれると思っている。これが少しでも航野球人生プラスになってくれたらうれしい」と話した。

 一昨年にはシーズン途中に守護増井先発に配置転換してチーム日本一に導いた栗山監督リリーフ投手に疲れが見え始める中、今回の思い切った策が起爆剤となるか。類まれな潜在を誇る右腕の起用法が注される。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

日本ハム・有原航平【写真:石川加奈子】