前回大会は大怪で出場がわず 初の大舞台へ将として挑む

 “コロンビアの虎”は、ロシアワールドカップW杯)最初の標的を日本代表に設定している――。現地時間14日に開幕するW杯に向けて、各代表がロシア内のベースキャンプ地に入り始めているが、西野監督率いる日本グループリーグ初戦で対戦するコロンビアキャンプ地のカザン入りした。そこでは4年前のブラジル大会出場を逃したエースストライカー、FWラダメル・ファルカオが今大会に懸ける決意を熱く話している。

 コロンビアエルティエンポ」によると、ホセ・ぺケルマン監督率いるチームはカザンに事到着。チームキャプテンを務めるファルカオが「チームメイト全員等しく、らは気持ちが盛り上がってきている。民を代表できることは全選手が感じる誇りだ。できる限りの情熱を持ち、を背負っていく」と32歳のベテランらしい言葉で士気を高めている。

 獲物を仕留めるかような嗅覚でゴールを陥れるファルカオを、コロンビア民は「エルティグレ(スペイン語で虎)」のニックネーム愛している。しかし、4年前のブラジル大会では開幕半年前に左膝前十字靭帯を断裂。この大怪によってW杯出場を逃した。チームMFハメス・ロドリゲスの大ブレークがありベスト8進出を果たしたが、ファルカオがいればさらなる上もせた可性がある。


「全ての情熱とを込めなければいけない」

 その後ファルカオは不屈の闘志で戦線復帰。今季もリーグ・アンで18ゴールを挙げるなど、決定錆びつくどころか円熟味を増した。そのコロンビアにとって何よりの勇気日本にとって脅威となるが、本人は高いモチベーションをもって初戦に臨もうとしている。

「最も重要なのは、日本戦へ準備することなんだ。W杯は(最大で)7試合あると知っているし、次の火曜日ポーランド戦があって、全ての情熱とを込めなければいけないけど、今のところそれ以上の先は見ていないんだ」

 の前の一戦一戦にフォーカスすると言い切った。「攻守両面で100%を尽くし、中に喜びを与えたいと思っている」とも奮い立たせているファルカオ。4年前は怪泣いた勇猛なる虎が、日本戦に向けて璧な準備を着々と進めている。


Football ZONE web編集部)

コロンビアのFWファルカオが今大会に懸ける決意を語った【写真:Getty Images】