梅雨になるとの日が続くので、外食ではなく料理で美味しい食事がしたい! そう思う人も多くいるはず。

しらべぇ取材班は調理師免許をもつ記者が、手頃な食材と販のタレで、料理ができない人や苦手な人でも「絶対に失敗しない」鉄板レシピを作ってみるこの企画

第10弾もエバラ食品工業から販売されている『すき焼のたれ』を使い、揚げないお手軽酢豚庭で作れちゃう。料理初心者も、中華の達人気分が味わえるかも!?

■テリマヨソース

たっぷりのソースが簡単に作れたら料理の味も数段上がるのに…と思っている人にオススメしたい、簡単ソース材料も2つだけなので、あっという間にできあがり。

材料(1人前)

マヨネーズ:大さじ1、すき焼のたれ:大さじ1

テリマヨ1(©ニュースサイトしらべぇ)

(1)マヨネーズすき焼のたれをよく混ぜるだけで完成

テリマヨ2(©ニュースサイトしらべぇ)

焼いた鶏肉にもよく合う。鶏肉から出る汁とタレが混ざり合い、箸が止まらない…

テリマヨ3(©ニュースサイトしらべぇ)

汁とともにご飯にのせて「のテリマヨ丼」にするとさらにうま味アップ! ご飯との相性も抜群。

テリマヨ4(©ニュースサイトしらべぇ)

■中華風冷奴

になると食べたくなる冷奴。2つの調味料を混ぜるだけで、普段とは一味違う、香り高い冷奴が楽しめる。

材料(1人前)

木綿豆腐:1/2丁、ねぎ:1/3本、ごま油:小さじ1、すき焼のたれ:大さじ2

冷奴1(©ニュースサイトしらべぇ)

(1)豆腐は4等分に切って…

冷奴2(©ニュースサイトしらべぇ)

ねぎは小さく切る。

冷奴3(©ニュースサイトしらべぇ)

(2)豆腐以外の材料を混ぜて、豆腐にかけて完成

冷奴4(©ニュースサイトしらべぇ)

ごま油の香りとすき焼のたれの甘味が、豆腐独特のクセを和らげてくれる。暑い日に中華冷奴を食べながら、よ〜く冷えたビールを飲みたい!

冷奴5(©ニュースサイトしらべぇ)

■酢豚風豚こま炒め

酢豚は、食材を揚げていろんな調味料を混ぜて…と難易度が高いイメージ。しかし、このレシピは揚げずに、すき焼のたれだけで味付けできる簡単レシピ。

材料(1人前)

こま:100g、玉ねぎ:1/4個、ピーマン:1/2個、:大さじ1、すき焼のたれ:大さじ3

酢豚1(©ニュースサイトしらべぇ)

(1)玉ねぎピーマンを8等分にする。

酢豚2(©ニュースサイトしらべぇ)

(2)すき焼のたれを混ぜる。

酢豚3(©ニュースサイトしらべぇ)

(3)食材全てに小麦粉を軽くふるっておく。余分な分が出ないようにしてくれ、うま味を閉じ込めてくれるのだ。

酢豚4(©ニュースサイトしらべぇ)

(4)大さじ1の油で、玉ねぎこまを炒める。

酢豚6(©ニュースサイトしらべぇ)

(5)こまの色が色っぽくなったら、ピーマンを入れてさらに炒める。

酢豚5(©ニュースサイトしらべぇ)

(6)最後に(2)のたれを入れて味付け。

酢豚7(©ニュースサイトしらべぇ)

たれをフライパンに入れた間から甘酸っぱい香りが漂い、食欲をそそる。

酢豚8(©ニュースサイトしらべぇ)

ゴロゴロした食材の食感も楽しく、とても調味料2つとは思えないほど本格的な味に。炒りごまをかけると、味がプラスされる。

酢豚9(©ニュースサイトしらべぇ)

もっと具沢山の酢豚が食べたい! という人は、茹でた人参たけのこしいたけなどを入れても美味しい。

料理は基本を知っていないと上手に作れない…と思っている人は少なくない。販のタレは、すでに調味料を混ぜて美味しく作られているので、簡単にパパッと絶品料理でも作れちゃう。これから梅雨の時期、にいる時間が増える人は、おうちごはんの腕を上げるチャンスかも。

・合わせて読みたい→超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! 旬の新玉ねぎ焼きそばも

(文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子

超ビギナーでも失敗しない簡単メニュー! お手軽に絶品酢豚も