ブラジルW杯の悔恨「ずっと傷は残っていた」 虎視々と待ち続けて芽生えた思い

 日本代表は現地時間12日、オーストリアで行われた際親善試合パラグアイ戦で4-2と勝利を収め、翌13日にワールドカップW杯)の舞台となるロシアへ移動した。本番が刻一刻と迫るなか、DF長友佑都西野ジャパンで「よりも強い」と自負するある思いを口にしている。

 日本代表は19日にロシアW杯グループリーグ初戦のコロンビア戦に臨む。4月にバヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任で大きく揺れたが、西野朗新監督の下で試行錯誤を続けながらチーム作りを進めてきた。自身三度W杯となる長友は惨敗に終わった2014年W杯回想。「やっぱり4年前のW杯であれだけ悔しい思いをして、4年間引きずってきたわけじゃないけど、ずっと傷は残っていた」と明かしている。

 アルベルト・ザッケローニ監督に率いられた日本は“自分たちのサッカー”を旗印にブラジルへと乗り込んだが、結果は1分2敗でグループリーグ敗退を余儀なくされた。当時、涙を流して悔しさを露わにした長友は、辱の機会を虎視々と待ち続けたという。

「この4年間の思いは、自分が知っている言葉のボキャブラリーの中に当てはまるものがない」

 31歳となった長友現在、心身ともに充実期を迎えている。8シーズンにわたってイタリアの名門インテルに在籍し、今に移籍したトルコガラタサライでは自身初のリーグ優勝を経験。日本代表でも通算出場数が105試合を数えるなど“重鎮”の域に達している。そんな男に「自分でもビックリ」という思いが芽生えていると告白した。


スーパーサイヤ人”に変身、悔し涙を嬉し涙に変えるため――

チームのためというのは、自分でもビックリするほど、今まで感じたことがないぐらいの強い思いがある」

 2008年5月24日際親善試合コートジボワール戦で代表デビューを飾った当時は、ただ無我夢中だった。懸命にボールを追いかけ、の限りピッチを疾走し、自らの存在を誇示し続けた男は今、W杯に臨む代表のなかで「チームのため」を考え続けている。

「どうしてもこのW杯で成功したい、このメンバーで成功したいという思いがよりも強い」

 W杯直前のオーストリア合宿中に黒髪から金髪変身して周囲を驚かせた。自身のSNSに「スーパーサイヤ人になってチーム救いたい。だけは明るく。みんな笑ってくれよ。どんな時も前を向いて進む」とった長友。重苦しい空気を払拭したい一心だった。

 14年ブラジル大会で流した悔し涙をロシア大会で嬉し涙に変えるため――。金髪の5番は「チームのため」に全身全霊を傾ける。


大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

長友は西野ジャパンで「誰よりも強い」と自負するある思いを口にしている【写真:Getty Images】