AGC硝子硝子株式会社、本社:東京社長島村哉)は、7月1日に控えた社名変更を周知する一連のコミュニケーション活動の広告キャラクターとして、俳優高橋一生さんを起用することにしました。高橋一生さんが出演する新CM硝子は、「AGC」へ/明け篇)を、6月15日)より全※にて放映開始します。※一部地域を除く


硝子は、「AGC」へ
 AGC硝子は創立100周年を迎えた2007年、「AGC」をブランド名とし、グロバルに浸透させてきました。今年の7月から社名も「AGC」に変更し、更なるブランド価値の浸透を図ります。

高橋一生さんが口ずさむ、「AGCの歌」
 明けの世界の中で、「きらきら」(ABCの歌)にのせて「硝子は、AGC~♪」と口ずさむ高橋一生さん。飾らず自然体の表情で歌い上げる今回のCMは、硝子からAGCへの社名変更を、シンプルに堂々とした印で伝える構成となっています。高橋一生さんの未来を見据える優しい眼差し、そしてAGCのコーポレートカラーである「」を基調とした明け方のと広いのロケーションが、新しい社名での歴史のはじまりを予感させます。

高橋一生さんの起用理由
 CMキャラクターは、ガラスだけでなく「様々な素材」で世界の一部を支えているAGCを徴する存在です。そこで、俳優として活躍されながら、アウトドアスポーツ音楽など様々な特技を持っており、多才な高橋一生さんの起用に至りました。また、100年以上の歴史を持ち、様々なお客様と一緒に優しい未来をつくりたいと願っているAGCにとって、「気品」や「信頼感」「優しさ」のある高橋一生さんがぴったりでした。

TVCM 硝子は、「AGC」へ/明け篇 概要
タイトル    :  硝子は、「AGC」へ/明け篇
放送開始    : 2018年6月15日
放送エリア   : 全※ ※一部地域を除く
広告     : 硝子株式会社
特設サイトURL : http://www.agc.com/cm

硝子は、「AGC」へ/明け篇 ストーリーボード

■出演者 プロフィール
1980年東京生まれ。TV映画、舞台と幅広く活躍。12年、第 67 回文化庁芸術祭賞演劇部門芸術祭新人賞受賞。18 年、エラドール賞新人賞、第55ギャラクシーテレビ部門個人賞受賞。近年のな出演作に、ドラマカルテット」(17/TBS)、大河ドラマおんな城主 直虎」(17/NHK)、「民衆の敵~世の中おかしくないですか!?~」(17/CX)、連続テレビ小説「わろてんか」(17~18/NHK)、映画blank13』(18/齊藤監督)、『する女』(18/中江和仁)、『飛ぶタイヤ』(18/本木監督)など。今後の開待機作に映画 18年『億男』(大友啓史監督)、19 年『九月の恋と出会うまで』(山本監督)、『引っ越し大名(仮題)』(童一心監督)がある。


■撮影の様子
 撮影は「人々の生活を支える自然青色」をテーマに、雄大に囲まれたロケーションでした。シンプルだからこそ細やかな表現められる今回のCM高橋さんには一つ一つの要望に、丁寧に答えて頂きました。

高橋一生さんインタビュー ※一部抜
Q AGCのCMに出演した感想を聞かせてください
長い歴史のある会社の社名が変わるタイミングに、起用していただけたのは嬉しく思います。「硝子」はガラスという名前がついている通り、ガラス事業がメインの会社だと思っていましたが、様々な分野で生活に密着していることがわかりました。今後の可性を秘めている中で、の存在性がどう乗っていくのかが楽しみです。

Q 今回の撮影で大変だったことはありますか?
大変なことはなかったです。いつも大変なことはないんです。楽しんでばかりです。今回は歌も歌えましたし、い時期ににも入れましたし、撮影じゃないと来られない場所だったので、楽しませていただきました。

Q 今年のにやりたいことはありますか?
監督原田さんともお話ししていたんですけれど、梅雨の時期とは思えないくらい晴れたのでよかったです(撮影は5月沖縄で行われました)。この撮影で今年のは体験できたと思っています。


配信元企業硝子株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ