株式会社文堂新社(東京都文京区)は、2018年6月22日)に、『人工知能と友だちになれる? もし、隣の席の子がロボットだったら…マンガでわかるAIと生きる未来』を刊行いたします。

1924年創刊の刊誌『子供科学』が、未来を生きる子供たちにとって大切な科学を楽しく、わかりやすく紹介する新シリーズ "子供科学ミライサイエンス" シリーズ。第4弾テーマ人工知能です。

今の子供たちが大人になった社会では、現代にべますます発展した人工知能が活躍していることでしょう。
人工知能と人間がどう一緒に生きていくのかを考えることは、子供たちにとって、未来を先取りして考えることにほかなりません。

子供たちが自分の夢をカタチにするために、知識やスキルを伝える子供科学ミライサイエンス」第4弾では、「もしも人工知能ロボットクラス転校してきたら……」というマンガを通して、人工知能"得意なこと苦手なこと"楽しく、わかりやすく解説します。

監修は、AI vs. 教科書が読めない子どもたち』ベストセラとなっているの研究者・新井 紀子先生
AI東大入試突破を「東ロボくんプロジェクト導したご経験を活かし、マンガの原案ご担当いただきました。

シリーズ全4作の中でも、マンガで伝えているのは、本書だけの魅です!
ストーリーを通して、より楽しみながら人工知能」の基本について理解できます。

本書は全4冊で編成されるシリーズで、好評発売中の既刊には、第1弾『コンピューターってどんなしくみ?』。実際にコンピューターを動かしてみる、第2弾『プログラミングでなにができる?』ビッグデータ活用の基本となる統計を学ぶ、第3弾『統計ってなんの役に立つの?』ラインアップしています。

最先端の科学を知りたい子供たちはもちろん。
2020年教育に向けて備えたい、教師の方々にもぜひ読んで頂きたいシリーズです。
ぜひ全4冊合わせて、未来を見据えた科学を、子供たちと一緒に楽しく学びましょう!

発売中の書籍の詳細はこちら
・第1弾『コンピューターってどんなしくみ?』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000441.000012109.html
・第2弾『プログラミングでなにができる?』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000456.000012109.html
・第3弾『統計ってなんの役に立つの?』
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000464.000012109.html

【監修者プロフィール
新井 紀子(あらい・のりこ)
一橋大学法学部およびイリノ大学数学科卒業。イリノ大学大学院数学科を経て、東京工業大学から博士(理学)を取得。専門は数理論理学2011年から人工知能プロジェクトロボット東大に入れるか」を導。
読解を診断する「リーディンスキルテスト」の開発も行っている。著に「ハッピーになれる算数」「生き抜くための数学入門」(イーストレス刊)、「数学は言葉」(東京図書刊)、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」(東洋経済新報社刊)など。国立情報学研究所教授、同社会共有知研究センター長、「教育のための科学研究所」代表理事・所長。

【書籍概要
書 名:人工知能と友だちになれる?
監修者:新井 紀子
仕 様:A5判、160ページ
定 価:本体1,200円+税
配本日:2018年6月22日
ISBN978-4-416-51818-2

【書籍のご購入はこちら】
紀伊國屋書店https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416518182
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15381716/
ヨドバシ.comhttps://www.yodobashi.com/product/100000009002937285/
Amazonhttps://www.amazon.co.jp/dp/4416518188
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_28954899.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106880002

【書籍に関するお問い合わせ先】
株式会社 文堂新
113-0033 東京都文京区本郷3-3-11
ホームページhttp://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブックhttps://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッターhttps://twitter.com/seibundo_hanbai

配信元企業株式会社文堂新

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ