2018年6月14日17日の期間、公式オンラインショップで「フィールドリュックサック」をお買い上げいただいたお客様の中から抽選で1名様にポートランドの魅を紹介する書籍が当たります。

▶『STANDARD PACIFICスタンダードシフィック)』公式オンラインショップURL
https://standardpacificgoods.jp/


輸入販売事業を展開するハッブル株式会社東京都中央区)が日本総代理店を務める米国レゴン州ポートランド発のバッグブランドStandard Pacificスタンダード・パシフィック)』の公式オンラインショップにて、「梅雨時期を快適に過ごそう」キャンペーンを実施中です。

レインカバー付きで梅雨時期にも大活躍間違いなしの「フィールドリュックサック」。
キャンペーン第3弾は、デザイン拠点である米国西海ポートランドの魅をあますことなく紹介する書籍『あふれる自由都市 ポートランドへ』抽選プレゼント企画です。
2018年6月14日17日の期間にフィールドリュックサック(ジェットブラックまたはスモークグレー)を公式オンラインショップでお買い上げいただいたお客様の中から抽選で1名様にプレゼントいたします。
ぜひこの機会をお見逃しなく。

▶『STANDARD PACIFICスタンダードシフィック)』公式オンラインショップURL
https://standardpacificgoods.jp/

梅雨時期を快適に過ごそう」キャンペーン弾:ポートランド関連書籍抽選プレゼントキャンペーン

STANDARD PACIFICスタンダード・パシフィック)』公式オンラインショップにて「フィールドリュックサック」(「ジェットブラック」、「スモークグレー」各税込29,800円)を2018年6月14日(木)~17日(日)までにご購入いただいたお客様の中から抽選で1名様に、Standard Pacificデザイン拠点である米国西海ポートランドの魅をあますことなく紹介する書籍『あふれる自由都市 ポートランドへ』をプレゼントいたします。
『緑あふれる自由都市 ポートランドへ』(百木 俊乃 著)が抽選で当たります
が続き外に出るのがおっくうになりがちな梅雨時期。
たまにはおうちでゆっくり本を広げてまだ行ったことのないに思いをはせてみるのはいかがでしょうか。
住みたいNo.1としても選ばれ、日本でもそのライフスタイルスピリットが、近年注を集め続けているポートランド。「地産地消」の考え方が浸透した豊かなフードカルチャーや、クラフトビールサードウェーブコーヒーをはじめとする新たなドリンクカルチャーも特徴です。そんなで長年暮らしている著者による一冊は、ポートランドに行く予定がある方にもはもちろん、気になっていた方にもおすすめです。

当選者様の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。

フィールドリュックサック」各色は、下記ウェブサイトページよりご購入していただけます。
ジェットブラックhttps://standardpacificgoods.jp/bag/the-field-rucksack-black/
・スモークグレーhttps://standardpacificgoods.jp/bag/the-field-rucksack-grey/

▶Q.梅雨時期でも快適に過ごせるそのワケは?

▶A.スタイリッシュレインカバー付きです!
バックパックの素材撥水加工ナイロン、上部は防ジッパー仕様となっています。
さらに、の日には付属のレインカバーを装着すればより安心。
アウトドアバックパックが汚れてしまうことが気になるシーンでも、スタイリッシュカバーで思う存分アクティティを楽しめます。

※長時間に触れたり浸かったりするような使用方法は出来ません。
※経年変化により撥水が低下する可性がございます。

フィールドリュックサックのご紹介】
-革新的な機と高いファッション性を融合させた、ひとつ先を行くリュックサック –

多くのバックパックが「タウンユース」、「アウトドア向け」、「オフィス用」…と用途別に作られている中、Standard Pacificフィールドリュックサックは様々なシーンに適した仕様アイディア満載の機、そしてスタイリッシュな外観を兼ねえています。
米国クラウドファンディングを牽引する世界最大規模のプラットフォーム「Kickstarterキックスターター)」では1,400万円以上、日本最大級のクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」では400万円以上の資調達に成功したフィールドリュックサック。
現代のライフスタイルにぴったりの革新的な機と高いファッション性を融合させた、ユーザー期待値の高いアイテムであることが実されました。
要部分の素材には耐摩耗性や重量、耐性などのバランスを考慮し選ばれた撥水加工ナイロンを採用。山や山登りにも使用できるほどタフでありながら、オフィスシーンにも適した洗練されたデザインバックパックです。

デザイナーがこだわりを持って選定した、軍基準の製品を生産できる高い技術を持つ工場にて生産。ドイツ軍で使用されるタクティカル・ベストや、世界三大モーターサイクル企業のバッグ製品も手掛ける工場の、徹底した厳しい品質管理基準のもとでフィールドリュックサックは作られています。

革新的機


フルオープン構造でパッキング効率UP

約360度ぐるりと開くジッパーで、フルオープンにすれば中に何が入っているか一瞭然です。 スーツケースのような使い勝手で、出し入れがしやすくパッキング効率が大幅にアップ。 1~2泊ほどの出張旅行もちょうどよい収納となっています。

長時間背負っても疲れにくい・ムレにくい設計

メッシパッドのショルダー部分は太さを持たせることで荷物の重さが分散され、より疲れにくいデザインを実現しました。 背中部分は3D圧縮成形された波・有孔のパッドで通気性を確保。 3つのパッドを効果的に配置することで、背中リュックサックの間に空気の通りをつくりムレにくい構造となっています。

スマホ画面のスクラッチ傷も防ぐフロントポケット裏地はフリー仕様

使用頻度の高いフロントポケット内側には、iPhoneなどのスマートフォンなどを入れやすいようフリー素材を採用。 液晶画面のスクラッチ傷などを心配せず、ストレスフリーに持ち運び可です。

保温・保冷機を装備 ドリンクサイドポケット

暑いには欠かせないドリンクを冷たいまま持ち運べます。は暖かいペットボトルを入れて保温したまま持ち運べるので、も大活躍間違いなし。保温・保冷機がとても高い素材を使用しています。

出張旅行に最適 マルチに使えるポーチとバッグ付き

マジックテープで簡単に着脱できるメッシュポーチとシューズバッグを標準搭載。メッシュポーチは洗面グッズの収納や、バッテリーケーブルの整理整頓にぴったりです。シューズバッグはスポーツシーンジムに大活躍。大きめなので、出張時に汚れた衣服を入れるランドリーバッグとしても。アイディア次第で用途が広がります暑いには欠かせないドリンクを冷たいまま持ち運べます。は暖かいペットボトルを入れて保温したまま持ち運べるので、も大活躍間違いなし。保温・保冷機がとても高い素材を使用しています。

の日に大切な中身を保護 レインカバー標準搭載

バックパックの素材撥水加工ナイロン、上部は防ジッパー仕様となっています。さらに、の日には付属のレインカバーを装着すればより安心。アウトドアバックパックが汚れてしまうことが気になるシーンでも、スタイリッシュカバーで思う存分アクティティを楽しめます。
※長時間に触れたり浸かったりするような使用方法は出来ません。
※経年変化により撥水が低下する可性がございます。

カラーバリエーション
カラービジネスシーンに合わせても浮かない定番のジェットブラックと、カジュアル感がプラスされスポーティなルックにもぴったりのスモークグレーの2色展開。どちらのカラーも、内側は元気をチャージできそうなオレンジです。

サイズ仕様

Standard Pacificについて





冒険とのための、新しいスタンダード
それが、Standard Pacificスタンダード・パシフィック)です。




Standard Pacificは、プロダクトデザイン・開発・生産の分野に長年の経験を持つメンバーが集結し、市場で最も革新的なバッグを製作することをゴール米国レゴン州ポートランドを拠点にスタートしたブランドです。

さまざまな持ち物を快適に、そしてスタイリッシュに持ち運ぶことができるよう、デザイン性と機性の両方を重視。冒険、ストリートスポーツ、そしてオフィスシーンまで、すべてのフィールドに対応できる、新しいバッグの在り方を提案していきます。

璧」の追求に終わりはありません。

Standard Pacificはこれからも、どんなライフスタイルにも溶け込む、バッグの新たな可性と革新性を追求していきます。

ポートランドについて】
スタンダード・パシフィック』のデザイン拠点、アメリカ西海レゴン州ポートランド。豊かな自然に囲まれ、コンパクトにまとまった人と環境にやさしいまちづくりが特徴です。都市自然環境融合リラックスして暮らせることから地元の人のへの着も強く、クラフトマンやクリエーターが多く集まる場所でもあります。

マーケットの開催も年間200を越え、ひととひととのつながりが生まれやすく、素材ハンドメイドへのこだわりが強い商品が多く発展しているのも特徴です。
地産地消」の考え方が浸透した豊かなフードカルチャーや、クラフトビールサードウェーブコーヒーをはじめとする新たなドリンクカルチャー。日本でもそのライフスタイルスピリットが、近年注を集め続けています。

配信元企業ハッブル株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ