W杯出場の多くが「G組は三つ」として、FIFAランク60位の日本は「帳の外」と分析。内からも予選突破どころか、「3敗、いや1点も取れない」と酷評するが聞かれる始末だ。スポーツデスクによれば、

「状況は10年・南アフリカ大会当時に似ています。壮行試合で負け、開幕直前の親善試合でも明が見えず、岡田武史監督阿部アンカーとして配置し、専守速攻に切り替えた。エース中村俊輔を外し、個人技にたけた松井大輔と、運動量を誇る大久保嘉人シャドー(1.5列)に名、ワントップ本田の決定に賭けた。西野監督にしても、守り勝つサッカーイメージしていると思います。壮行試合では3バック基調の3-4-2-1でしたが、W杯では5バックに切り替えながら2ボランチの7人で守りきるつもりでしょう」

 となれば必然的に攻撃は3人で、トップ大迫勇也28)で不動。シャドーの2人がポイントとなる。W杯日本代表戦を現地で見続けてきたサッカーライター・元悦子氏が解説する。

5月21日から代表合宿がスタートし、26日から本格的な戦術練習に突入。新指揮官が導入を明言していた3バックシステムの構築が始まり、同時に攻撃の組み合わせを試していました。それを見るかぎり、シャドーに関しては、宇佐美貴史(26)が現時点でのファーストチョイス本田と右ウイングバック併用の原口元気(27)が続き、香川の序列はその下に見えましたね。右太腿の打撲で別メニュー調整を強いられていたは、まさにジョーカー。左ウイングバックをこなせるし、ドリブル突破という絶対的な武器を持つ重な存在です」

 練習5月26日。1本は右から本田宇佐美、2本香川宇佐美、3本本田宇佐美という組み合わせで、翌27日は1本原口宇佐美、2本は大迫に代わり岡崎トップに置き、本田香川という「BIG3」の共演が試されたものだったが、

宇佐美先発当確21日の練習後、西野監督は『彼の魅はフィニッシュ。シュートバリエーションを持っている。代表でも相手のゴールに近い場所でのプレーを期待している。イマジネーション豊富なので、そういうプレーを期待したい』と、高評価でした」(サッカー協会関係者)

 となると、残るシャドーの席は一つだ。

ハリル電撃解任で共謀し、陰の首謀者と噂された本田香川W杯を前にガチンコ対決になるなんて、皮なものです」(スポーツデスク

 大物2人による中戦が展開されることになるのだ。

アサ芸プラス