歴史を振り返れば、性生活に貪欲な美女はかくもいたのか。その背景にある食の秘密を探った。

「聡明で偉大な政治家」「ロシア」ともたたえられたエカテリー2世17291796)は、ロシアヨーロッパの強とする礎を築いた女である。

 一方では、奔放な男性との関係をエンジョイした女でもあった。

 ロシア政治文学に詳しいジャーナリスト木村芳雄氏が言う。

彼女ドイツの貧しい貴族の出です。15歳の時にピョートル大帝の孫・ピョートル3世と結婚します。ところが彼はまったくの暗愚で病弱。こんなエピソードがあります。結婚するとピョートル3世は彼女の寝室にやってくる。しかし、新婚の甘い期待を抱く彼女の前で、彼は玩具の兵隊を並べて、奇を発しながら兵隊ごっこにじるのみ。そして、遊び疲れるとそのままベッドで寝入ってしまう。この様子を知った女エリザベタが『相手はでもいいから、く世継ぎをつくりなさい』と命令するんです。このひと言で彼女の多情多淫さに火がついた」

 いったん堰を切った情欲は生涯衰えなかったという。美男子たちを寝室にはべらせ、取っ替え引っ替え。愛人の数が100人は下らなかったと言われる。67歳でその淫蕩な生活に幕を下ろすまで、パワーになったのはやはり食事。鉄人のごとく健康体の彼女食欲旺盛だった。何でもよく食べたが、中でもフルーツが好物で、イチジクスイカがなかったという。

 先の好氏がる。

イチジクもスイカすごい強壮・強精作用がある。イチジクの成分プソラレン血圧を降下させる働きがあり、スチグマステロールは血液中のコレステロールを低下させ、ルチンが血液の流れをよくし、血管を丈夫にする。またスイカにはシトルリンという成分が含まれており、それが体内でアルギニンというアミノ酸になって、バイアグラの成分と同様、一窒素を活性化して血管を拡、血流促進効果がある。また種子は方では強壮剤として使われています」

 世界3大美女として名高い719~756)は、後宮3000人という唐の皇帝・玄宗の寵を一身に受けた。玄宗が息子正妻から自身の側室へと引き立てた時、玄宗61歳、妃は27歳だった。それに応えるべく美貌を維持し、スタミナをつけるため、妃はありとあらゆる強精剤を用したというが、一番のお気に入りで効果抜群だったのが果物茘枝ライチだったという。

茘枝には葉酸ビタミンCカリウムが豊富に含まれており、疲労回復にばっちり。ただ食べすぎると鼻血が出るほど精がつく」(好氏)

 妃はグラマーでポッチャリし、歌舞がうまく、音に通じ、しかも聡明だった。玄宗は妃が湯浴みする時の裸身をめでるのが好きで、ライチを食べながら戯れていたという。

 1911年300年続いた清王朝が倒れ、有史以来3000年以上も続いた中国に幕が下りた。その清王朝の幕引き役が、唐代の則天武后と並び、「女」「猛女」「悪女」と呼ばれた西太后1835~1908)だった。

 西太后は、歴代の皇帝たちと違い100枚以上の写真が残されており、その実像を見ることができる。その多くが1903年、70歳の誕生日を前に写されたものであるが、若々しく、肌ツヤもよさそうに見える。

 御多分に漏れず西太后も好色で、その乱行ぶりは歴代の好色皇帝に劣るものではなかったという。そのスタミナと美貌とパワーのもとはやはり「食」である。西太后中国史折りの美食と言われ、贅を尽くして医食同を体得していたのだ。

 彼女産物をほとんど食べず、好んだのはだったという。

の特徴は、ビタミンB群や鉄分が豊富に含まれていること、脂肪分が体によい効果をもたらす不飽和脂肪酸であること、デトックス効果があることです。ビタミンB群は、美肌や美効果があり、細胞の再生、肌の生まれ変わりにとても重要です。鉄分には、老け込み防止効果もありますね」(川田氏)

 西太后は蒸した料理を、数人はいたというコックに注文していた。美を追求するスケールが違うのである。

アサ芸プラス