日経エンタインメント!」が毎年行っている「好きな芸人」の調1位いたサンドウィッチマン。14年連続で1位を獲得してきた明石家さんまを押しのけての栄冠だ。

 サンドウィッチマン現在レギュラー14本。そんな過密スケジュールにあっても、地元・宮城、縁ある北海道ローカル番組に出続けている。ラジオ番組にも意欲的だ。週末は漫才師に戻るため、地方営業に繰り出す。

 今年は結成20周年。ライブツアーからにかけて、全10都市15演を予定。サンドウィッチマンには、民的芸人と呼ぶにふさわしい理由があるのだ。

「そんな彼らの周囲にいたスタッフはなぜかみな芸人ばかりなんですよ。サンドは不遇時代、フラットファイヴという小さなお笑いプロに所属していました。社長堀田訓幸さんは、太郎という芸名で『デジタルズ』というコンビ芸人でした。ホリプロに所属しており、同じ事務所ピン芸人・本こまり(芸名・こまり)と交際。のちにホロッコというコンビを組み、ホリプロを退社してフラットファイヴを設立しています」(エンタメライター

 サンドが「M-1グランプリ2007」で優勝してから、ホロッコは芸人活動を休止して、マネジメント業に専念。しかし、夫婦で舞台に立ちたいという気持ちは失せることなく、活動を再開。同時にサンドは円満退社して独立現在グレープ・カンパニーを立ち上げた。ホロッコは14年、オフィス北野へ移籍。だが、一連のお家騒動によって4月に退社し、フラットファイヴに出戻っている。

 サンドと一緒にフラットファイヴを退社し、グレープ・カンパニーへ移籍したマネージャーは、かつて「アルパチ」というコンビ芸人。元相方はなんと「R-1ぐらんぷり2015」の覇者じゅんいちダビッドソンだ。

 元事務所社長&副社長、現場マネージャーのすべてが芸人。そんな環境サンドウィッチマンを生み出したのかもしれない。

北村ともこ

アサジョ