資生堂アートハウスでは、好評を博した「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー ラリックバカラを中心に」展に引き続き、19世紀末以降、次々に発表された多様な香水のために創作された、ユニークデザイン性に富んだ香水瓶を採り上げた「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン」展を開催いたします。

本展では、ルネ・ラリック1860-1945)を始め、彫刻として活躍し、1920年代からは香水瓶のデザインに偉才を発揮したジュリアン・ヴィアール1883-1938)、また、シュルレアリスムの画として知られたサルドール・ダリ(1904-1989)などによる独創的な作品を交えながら、19世紀末から約100年の間に制作されたおよそ90点を展覧いたします。前期展とは趣の異なる、遊び心に富んだ香水瓶の数々を楽しんでいただけることと存じます。

また、タピスリーは1960年代から70年代にかけて内で制作されたもので、京都の美術織物を専門とする工房などに資生堂が依頼し、 鹿之助や前田など当時の画壇を代表する作家の原画をもとに、一点物として織り上げられました。

香水瓶もタピスリーも、その豊かな装飾性によって、人々の生活と心に悦びをもたらしてきました。日常の場で楽しまれてきた美しい品々を、アートハウスの会場でぜひご堪ください。

■ 展覧会「ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー さまざまなデザイン」 開催要項
会 期:2018年 7月3日(火)~ 9月2日(日) <入場無料
休館日:月曜日(月曜日祝日の場合その翌日)、季休館: 8月13日)~16日(木)
会 場:資生堂アートハウス  〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1 (TEL.0537-23-6122
ホームページhttp://www.shiseidogroup.jp/art-house/exhibit/?rt_pr=trb37

■ 関連企画「学芸員によるギャラリートーク
日 時: 7月21日(土) ・ 8月4日(土) ・ 8月24日
各日14:00-14:30 ※やむを得ない理由により、予告なく日程変更の場合がございます
会 場: 資生堂アートハウス <参加費無料|申込み不要>

■ 参考画像


香水瓶)
1.エリザベス・アーデン社 「イッツ・ユー」 1939年バカ
2.スキャパレリ社 「太陽王」 1945年バカ
 (デザインサルドール・ダリ)
3.リュバン社 「運命」 1921年、バカ
4.ババニ社 「デリーの琥珀」 1920年頃
5.エルメス社 「天皇陛下御即位記念香水瓶」 1990年、サン・ルイ

(タピスリー)
6.「みづうみ」 原画・東山夷、羊毛糸/木綿、1971年

資生堂アートハウス
TEL.0537-23-6122 FAX.0537-23-6315
e-mailart-house@to.shiseido.co.jp


〒436-0025 静岡県掛川市下俣751-1
休 館 日: 月曜日月曜日祝日の場合その翌日)
開館時間: 10:00-17:00(入館は16:30まで)
ホームページhttp://www.shiseidogroup.jp/art-house/?rt_pr=trb37

配信元企業株式会社資生堂

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ