中国メディア今日頭条は13日、「人類の進歩に影を与えた日本の発明」として、20世紀に日本人日本企業世界に先駆けて発明、ないしは、実用化したものを列挙する記事を掲載した。

 記事はまず、1950年代から70年代にかけて発明したものとして、インスタントラーメン電気炊飯器カラオケ庭用ビデオシステム新幹線、ポケット電卓ウォークマン、モーターボートなどを紹介した。

 続いて、1980年代から90年代にかけての発明品として、自撮り棒自動車ナビゲーションシステム3Dプリント技術、LED照明を挙げている。3Dプリント技術は本格的な実用化こそここ数年の話だが、記事は80年代の最もい時期に日本人小玉秀男氏が3Dプリント技術の原ともいえる「造形法」を発明したことを紹介した。

 これまで取り上げられてきたのは、戦後の日本が高度成長を遂げ、成熟した技術を持つに至るまでの間に発明、開発され、人びとの生活をポジティブなものに変えたものがほとんどだ。記事はその一方で、「日本が最初に作ったが、結果的に日本敗北に導く要因になったもの」を挙げている。

 それは、1922年に日本で誕生した世界初の正規空母鳳翔」だ。記事は「これは世界初の正規空母だが、その後米国軍が広く空母を用いて軍事を強化し、反ファシズム戦争への勝利を促す結果となった」と説明している。(編集担当:今関忠)(イメージ写真提供123RF

その後の人類に影響を与えるものを、次から次と発明してきた日本人=中国メディア