6月13日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、小宮浩信(三四郎)が“ホントドッキリ”企画ターゲットになり、虚実入り混じった新な展開に首をうなだれる場面があった。

【写真を見る】イニエスタのものまねでプチブレイク中のアイアム野田

小宮はこれまで数多くのドッキリ企画に引っ掛かっており、だまされてボヤく小宮の姿はバラエティー番組でたびたび放送されてきた。

今回の“ホントドッキリ”企画では、小宮のゴシップ記事をベースに長期取材を敢行。

女性誌の本物の記者小宮を直撃した後、ドッキリ企画をにおわせるような“仕込み”感たっぷりのニセ番組なども交えながら小宮の動向を追いかけた。

本来のドッキリ企画であれば最後のネタばらしで「ゴシップ記事はうそ」という結末になるが、“ホントドッキリ”では最終的に「ゴシップ記事はホント」と、小宮に告知した。

それまでの雑な“仕込み”や仕掛け人らしく振る舞うアイアム野田(鬼ヶ島)の下手な芝居も手伝って、ドッキリだと信じ切っていた小宮

だが、「ゴシップ記事はホント」というネタばらしを聞いた小宮は「え、ちょっと待って…どうゆうこと?」と呆気にとられた表情を浮かべ、本当にゴシップ記事が掲載されることをなかなか理解できない様子。

番組スタッフから「女性誌の記事に出ます」と何度も念押しされ、ようやく理解した小宮は「いいんだよ(のゴシップは)そっとしておいてくれれば…」と言いながら最後はがっくりと首をうなだれていた。

隠しカメラでの取材中には、小宮アイアム野田の名前を出して「(自分ではなく)野田さんから誘ったかもしれない」と責任逃れを図る姿も。

放送後はアイアム野田SNS更新し、「放送見たらめちゃくちゃ小宮の事売ってた!」と憤慨気味にコメント

視聴者からは「小宮が口走った『ぐっちゃぐちゃなんだよ頭の中が』っていう言葉が心に染みる(笑)」「裏の裏みたいな企画こそ、この番組の頂」といった旨のメッセージSNS上に寄せられていた。

次回、6月20日()の「水曜日のダウンタウン」は賛否両論を巻き起こした「鉄塔システム」の第2弾を放送予定。(ザテレビジョン

斬新なドッキリ企画の餌食になった小宮浩信