福岡県津市・本木の上流に位置する「本木(もとぎがわ)自然公園」。5月下旬から6月中旬までは自生するゲンジタルが見事な乱舞を見せることから、"ほたるの里"と呼ばれている。

【写真を見る】川辺の草木の陰からポッと見える神秘の光にうっとり

同地は福岡市からで約50分と較的気軽に行ける。例年、見ごろの時期(〜6月上旬)は間も開放され、ホタルが出はじめる20時前にはファミリーカップルが続々と訪れる。

ホタル6月上旬ごろにピークを迎え、小川沿いの広場や「ほたる」の上など、あらゆる場所から観賞することができる。ゆっくりと発するゲンジタル数に重なる様子に、来場者もうっとり

子どもも思いっきり遊べる芝生広場があり、ホタル観賞までのひとときを楽しく過ごせる。例年6月上旬には「ほたるまつり」を開催。

ホタルDATA] 匹数:不明 / 見頃:5月下旬〜6月中旬ごろ / 観賞時間:20:0021:00 / 品種:ゲンジタルなど / イベント:あり

[本木(もとぎがわ)自然公園福岡県津市本木1957-1 / 0940-42-8875(管理事務所) / 9:0017:00※「鑑賞会」期間中は21:00まで開放 / 月曜休み(祝日の場合翌日) / 約60台(無料) / 九州自動車道古賀ICより約25分(九州ウォーカー久保田学)

小川沿いに座ってゆっくり観賞できる。絶え間なく輝く天然のイルミネーションを楽しもう