8回に2人の投手レフトを守らせる、最後は捕手まで…「ナイスキャッチだった」

 カブスの名将ジョー・マドン監督が13日(日本時間14日)の本拠地ブルワーズ戦で奇策を見せた。

 0-1と1点ビハインドで迎えた8回、まずは3番手のサイド右腕シシェックをマウンドに送った。しかし、先頭アルシアに遊撃内野安打を許す。ブルワーズはここで代打に左打者テームズを打席に送る。すると、マドン監督は左腕ダンシングスイッチ左翼シュワーバーを下げ、投手のシシェックをレフトの守備につかせた。

 ダンシングがテームズを空振三振に仕留めると、続く右打者ケインを迎えて、マドン監督は再びシシェックにスイッチ左翼には今度はダンシングがマウンドから向かった。ケインはニゴロで2死二塁に。そして、続くイエリッチに対して、マドン監督ダンシングへとスイッチ。シシェックは今度はベンチに下がり、レフトにはスタメンから外れていた正捕手コントレラスが入った。

 イエリッチはダンシングの初球を打つと、打球はレフトへ。代わったばかりのコントレラスがフライをつかみ、事に失点で切り抜けた。コントレラスは過去31試合、レフトを守った経験がある。

レフトを守ったダンシングは「ライトに打つことをあの場面では祈るばかりだった」

 カブスは結局、8、9回と得点を奪えずに0-1で敗戦。しかし、メジャーNO1の策士、マドン監督の采配は大きな話題となっている。MLB公式サイト動画コーナー「Cut4」では「ジョー・マドンは1イニングに2度もダンシングとシシェックを投手左翼手にバタバタと切り替えた」と伝えた。

 ダンシングは記事の中で「正直ちょっと怖さもあったんだ。ケインレフトではなくてライトに打つことをあの場面では祈るばかりだったよ。楽しかったけどね。初めての経験だから」とコメント。打球がレフトに飛んでこないことを願っていたようだ。

 一方で、打席でこの交代をの当たりにしていたブルワーズケインは「実のところあれには戸惑ったよ。シシェックがレフトに向かうところを見てなかったんだ。左投手と対戦するのはちょっと胸が高鳴る気分だったんだ。なぜならは左投手が得意だからね。彼(シシェック)がマウンドに戻ってくるのを見て、心が折れたような気分だったよ」と苦笑い。そして、「間違いなく彼とは対戦したくなかったからね。バトルせざるを得なかった。彼はいつもにとってタフな投手なんだ」と話したという。

 まさに奇策。勝利にはつながらなかったものの、マドン監督は試合後、「相手がやりたいことをさせないようにしたんだ。コントレラスはナイスキャッチだった」と振り返っている。(Full-Count編集部)

レフトの守備につくカブスの中継ぎ左腕・ダンシング【写真:Getty Images】