ファイナンシャルアカデミー(本社:東京都新宿区)の代表を務める正人は、2018年6月14日(木)に、最新著書『52歳からのお金リアル』(プレジデント社)を発刊しましたのでお知らせします。

◆発刊にあたっての想い
かつて「老後の生活」というと「々自適」といったゆとりイメージを思い浮かべるのが一般的でした。

しかしながら社会保障制度の再設計が十分になされないまま高齢化社会に突入した今、「老後の生活資が足りるか心配」「親の介護はどうしよう」など「老後への不安」を感じない50代は少なくないでしょう。

これからは自分の老後は自分で守る時代。

これから先に起こり得るリスクを知り「いざ困った時にどうしたらいいか」を先回りして学ぶだけで、対処できる範囲は広がります。

本書では、老後の「7つのリスク」を、どこにでもいる52歳のリアルな暮らしのケースを使いながら、今から準備できる「リスク」に効く「処方箋(クスリ)」を紹介していきます。

お金幸せを買うことはできません。ただし、お金を使うことで嫌なことを回避できます。お金の不安にとらわれる人生ではなく、お金を上手に活かしながら充実した人生を送っていただきたい。この本を手にした50代の方が、これからの人生を明るくする幸運の鍵となるように、そんな想いを込めた1冊です。
◆本書について
書 名:52歳からのお金リアル
著 者: 正人
出版社:プレジデント
価 格:1,400円(税別)
発行日:2018年6月20日
ISBN978-4-8334-2279-6
単行本(ソフトカバー

◆著者について
正人
ファイナンシャルアカデミーグループ代表/一般社団法人融学習協会理事長
日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から経済教育の必要性を感じて、2002年ファイナンシャルアカデミーを創立し、代表に就任する。身近な生活のお金から、会計経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキラムを構築。東京大阪ニューヨークスクール運営を行う。義務教育では教わることのなかったお金との正しい付き合い方を伝えることを通じ、より多くの人にに豊かで、ゆとりある人生を送ってもらうための経済教育の定着をしている。『お金原論』(東洋経済新報社)、『お金の教養』(大和書房)、『「仕組み」仕事術』(ディスカヴァートゥエンティワン)など、これまでに上した著書は30冊累計150万部をえる。著書は、韓国台湾中国でも翻訳され発売されている。

ーーーーーーーーーーーーーーーー
ファイナンシャルアカデミーとは
ファイナンシャルアカデミー東京大阪ニューヨークで開講しているお金学校です。義務教育では教わることのなかったお金との正しい付き合い方について一人でも多くの人に学んでもらうため、2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・WEB自宅受講を通じて、16年間で延べ46万人の方が学んでいます。計管理、お金の貯め方といった身近な生活のお金から、会計経済などの学問的視点式投資や不動産投資などの資産運用まで、お金の教養を2年かけて学ぶコースを中心に開講しています。
http://www.f-academy.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーー

配信元企業日本ファイナンシャルアカデミー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ