2018年6月14日Razerは,Thunderbolt 3接続外付けグラフィックスボックスの新製品「Razer Core X」(レイザー コア エックス,以下 Core X)を6月22日内発売すると発表した。税込価格は3万5424円となっている。
 Razer Coreシリーズの従来製品である「Razer Core V2」(以下,Core V2)の税込直販価格は6万4584円(※2018年6月13日現在)なので(関連記事),3万円近く安価という計算だ。

 Core Xは,2018年5月世界市場へ向けて発表となった製品だ。Core V2よりもシンプルデザインアルミ製筐体を採用したうえで,内蔵するThunderbolt 3コントローラを2基から1基に減らし,Core V2が背面に備えていたUSBハブ1000BASE-T有線LAN機などを省略するといった変更によってコストダウンを図った下位モデルという理解でいいだろう。


 ただし,単なる下位モデルではなく,搭載可グラフィックスカードの大きさは厚みが0.8スロット分増えて3スロット仕様に,カード長も30mm増えて330mとなった。
 それに合わせて内蔵する電ユニットの出150W増えて650Wとなっているので,ハイエンドグラフィックスカードの運用は従来よりもしやすくなったと言える。


 対応するPCThunderbolt 3搭載のRazer製ノートMacbook。とにかく安価になったところに惹かれるなら要チェックだ。

Razer Core Xのスペック
・接続インタフェース:Thunderbolt 3(40Gbpsシングルポート)
称筐体サイズ168(W)×374(D)×230(H)mm
・電容量:定格650W
・対応グラフィックスカードサイズ160(W)×330(D)×60(H)mm(※3スロット仕様,長さ330mmまで)
・対応グラフィックスカード消費電500W
公式対応ノートPCThunderbolt 3対応のRazer製ノートPCMacbook
・対応OS64bitWindows Redstone1(1607)以降,macOS High Sierra 10.13.4以降
Thunderbolt 3デイジーチェーン接続:非対応
USBポート:非搭載
・有線LAN機:非搭載
LEDイルミネーション:非搭載
USB PowerDelivery:対応(最大100W)
Windows 10環境下の対応GPU:・NVIDIA TITAN X・NVIDIA TITAN V・NVIDIA TITAN XpGeForce GTX 1080 Ti・GeForce GTX 1080・GeForce GTX 1070 Ti・GeForce GTX 1070・GeForce GTX 1080 Ti・GeForce GTX 1060シリーズGeForce GTX 1050 Ti・GeForce GTX 1050・GeForce GTX 980 Ti・GeForce GTX 1080・GeForce GTX 970・GeForce GTX 960・GeForce GTX 950・GeForce GTX 750 Ti・GeForce GTX 750・Quadro GP100・Quadro P6000・Quadro P5000・Quadro P4000・Quadro P6000・Radeon RX Vega 64Radeon RX Vega 56・Radeon RX 500シリーズRadeon RX 400シリーズRadeon R9 Fury・Radeon R9 NanoRadeon R9 300シリーズRadeon R9 290X・Radeon R9 290Radeon R9 285
macOS High Sierra環境下の対応GPU:・Radeon RX Vega 64Radeon RX Vega 56・Radeon RX 580・Radeon RX 570・Radeon Vega Frontier Edition・Radeon Pro WX9100・Radeon Pro WX7100
・価格:3万2800円(税込3万5424円
・発売予定日:2018年6月22日
・保期間:1年間


リンクRazer日本語公式Webサイト

 以下,リリースより 
RAZER、ノートPC用外部グラフィックエンクロージャーRazer Core X」を内発売Thunderbolt 3搭載のノートPCWindowsMac)に対応3スロット分の厚さまでのビデオカードに対応高いコストパフォーマンス
ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界リーダー企業 Razer(本社: 米国 カリフォルニア州およびシンガポール、共同創業者兼CEO : Min-Liang Tan) は、ノートPC用外部グラフィックエンクロージャー新製品「Razer Core X」(税抜希望小売価格32,800円読み方:レイザー コア エックス、以下、Core X)の内販売を2018年6月22日)に開始します。
同製品は、Thunderbolt 3を搭載するRazer製ノートパソコンRazer Blade StealthRazer Blade、Razer Blade Proの他、TB3によるeGPUサポートする他社製ノートPCWindowsおよびMac)とも互換性を持ちます。
同製品は、Razerのシステム製品 内正規流通代理店 株式会社デジカ(本社:東京都武蔵野市、代表:モモセ・ジャックレオン)を通じて、以下の店舗で行われる予定です。

日本向け公式オンラインストア RazerStore.com
・ツクモ (東京秋葉原RazerStore x Tsukumo名古屋 1号店、なんば店、福岡店、DEPOツクモ札幌駅前店)
ドスパラ秋葉原本店名古屋大須店、大阪なんば店、札幌店)
ビックカメラグループ



Core X は、Thunderbolt3(eGFX対応USB-Cコネクタ)搭載のノートパソコンWindows またはMac)と接続して、デスクトップ用のビデオカードグラフィックスカード)を使用できるようにする為のボックスおよびインターフェイスで構成された製品です。同製品と別売ビデオカードを併用することで、統合グラフィックス機しか持たないノートパソコンでも、高負荷のかかる最新のゲームや高解像動画編集などのアプリケーションを快適にプレイ・操作することが可になります。
Core Xは、NVIDIA GeForceNVIDIA QuadroR、AMD XConnect.対応、Radeon.、Radeon. Proなど、最新のPCIeビデオカードとの接続をサポートします。
Core Xは、プラグアンプレイに対応し、接続するたびにPC再起動する必要はありません。

Core Xは、650W ATX電を搭載し、ビデオカードには最大500Wまでの電を供給できるほか、TB3で接続されたノートPCには、最大で100Wの電を供給できます。また、筐体は耐久性の高いアルミ製で、通気口および冷却機を装備しています。

なお、既存のRazer Core V2の販売は引き続き継続されます。

製品概要スペック

一般の方からのお問い合わせ
Razer カスタマサポートノートPC専用)
電話: 0120-941-981
Email: systems-jp@razersupport.com


―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/023/G002318/20180613126/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE Razer

―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright(C)1999-2017 Razer USA Ltd. All rights reserved.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2018 Aetas, Inc. All rights reserved.

Razerの新型外付けグラフィックスボックス「Core X」が6月22日に税込3万5424円で国内発売。従来モデルより3万円近く安価に