岡田氏が考える代表とは…「すのは勝つための野球だけ」

 野球界には、世間には明かされないまま、消えていってしまう興味深いエピソードは数多い。現役時代には阪神軸として甲子園を沸かせた岡田彰布氏もまた、エピソードの宝庫だ。オリックスを経て1995年を最後に引退。通算247本塁打を放った好打者は、阪神オリックス監督も歴任した。2軍で若手育成の経験も持つ岡田氏だが、オリックス揮を執る2011年に、実はこんなオファーを受けたことがあるという。

「あれは2011年かな。オリックス巨人交流戦東京ドームで試合をした時やから(2011年5月2223日)。試合の後で崎(勝)さんと飯を食いに行って、言われたわ。『WBC監督やれ』って。『嫌です』って言うたわ(笑)。速攻で『嫌です』言うたわ」

 2011年といえば、WBC3連覇のかかった2013年大会に向けて侍ジャパン監督選考が行われていた時期だ。第1回大会はダイエー監督だった王貞治氏、第2回大会は巨人監督だった原辰徳氏と現役監督が2度続いたが、代表との兼務が難しいということで選定が困難を極め、山本浩二氏に決まったのは2012年10月のことだった。

 岡田氏が監督就任を断った理由は、至ってシンプル。「自分の監督像と合わないから」だ。

日本代表がどういう野球をするかはいらんと思うんだよね、は」

は選手を選ぶのが嫌なんよ。与えられた戦で、どういうにしたら勝てるかやる方が、が考える日本代表監督像。例えば、足を使った野球をしたいから各チームの足の速い選手を選ぶっていうのは、本当の日本代表じゃないと思うんやな。それは監督のやりたい野球であって、勝つための戦やない。それで勝てるんだったらいいけど。

 日本代表がどういう野球をするかはいらんと思うんだよね、は。すのは勝つための野球だけやんか。もが納得するような今一番いい旬の選手を12球団から集めて、世界で勝つにはこういう野球をしようっていう戦略は、後からついてくるものやわな。本当にがある選手を集めればいいんよ。もしかしたら、集めた選手の中にはホームラン30本打つ選手が7人も8人もいるかもしれない。そしたら、その時はそういう野球をしなければいけない。

 監督のやりたい野球のために選手を集めるんやなしに、その時旬の選手を集めて、それを監督がどう生かすか。日本代表監督はそういうもんやと思うから、そう説明して、は断った」

 日本代表は、もが頷くその時に活躍している選手、旬の選手が集まるべきだというのが、岡田氏の意見だ。極論を言えば、結果を出している選手であれば、パワーヒッターばかりになってもいい。そう言い切るのも、代表に選ばれるレベルの打者は適応にも優れているからだという。

「いい選手はなんでもできるよ。心配せんでも。自分のチームで4番打ってても、代表で7番って言われたら、そこで実を出せるから。だから、本当にがある選手を選べばいい。その戦を使って勝つ野球をするのが代表監督だと思うわ」

 もっとも、阪神監督を務めた2004年にはアテネ五輪ウイリアムス安藤藤本)、2008年には北京五輪新井矢野藤川)でチームの柱が代表入りし、ペナントレース中盤に苦しんだ経験を持つ。今でこそ「あれで負けたようなもんやからな」と苦笑いながらに振り返るが、送り出すチームを納得させるためにも旬の選手を集めるべきだと考えている。

 もし岡田氏が代表監督を引き受けていたら――。そんなことを考えてみるのも、また面いかもしれない。(佐藤直子 / Naoko Sato)

阪神・オリックスで活躍した岡田彰布氏【写真:荒川祐史】