今回、ご紹介するのはプジョー 308。Cセグメントに属するクルマです。

欧州を中心としたハッチバックカテゴリの中でも、Cセグメントは実にライバルの多いジャンルです。VW ゴルフを筆頭に、アウディ A3、メルセデス・ベンツ AクラスBWM  1シリーズアルファロメオ ジュリエッタルノー メガーヌがあり、日本ではマツダ 3(アクセラ)、スバル インプレッサなど多種多様。

そして、2018年5月にはトヨタカローラハッチバック(仮称)というプロトタイプの新を発表しました。自動車メディアサイト上では、そのデザインや動性について大変にぎわっています。

詳細画像はこちら

今回、なぜプジョー 308を取り上げたのか? というと、ドイツ勢とは違う戦い方をしているフランスの実をしっかりと把握したうえで、新カローラを含む日本勢のレベル把握したかった、というのが狙いです。

詳細画像はこちら  詳細画像はこちら

試乗したのは、スポーツグレードの「GT」 や売れ筋の「Blue HDI(クリーンディーゼルエンジン)」でもない、1.2L 3気筒ガソリンターボエンジンを搭載したベーシックグレードの「Allure(アリュール)」。クルマの素性が現れる乗り心地やNVHは、ベースグレードの性でほぼ分かりますベースグレードはNVHに条件の良いタイヤを装着していることが多いためです。今回の装着タイヤは、ミシュランENERGY SAVER(205/55R16)。低燃費と性の両立をリーズナブルな価格でバランスさせているタイヤです。

詳細画像はこちら

偏りの少ないどん中のグレードで、どういったレベルにいるのか、非常に楽しみにしていました。ちなみに「GT Line」にすると、タイヤミシュラン225/40R18と幅広かつ低となります。サスペンションの作り分けなどの対策をしない限り、乗り心地とロードノイズの悪化が起きるのは、に見えています。たとえタイヤスポーツ寄りに変わっても、車両ポテンシャルが上がるわけではないのです。

詳細画像はこちら  詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

エクステリアの特徴は、正直なところ特に見当たらないというのが印です。ヘッドランプの造形やフロントグリル、フォグランプ周りやサイドに回り込んでいるテールランプも、どこかで見たことのあるデザインを集めた様な印でした。フェンダータイヤの隙間はが縦に3本ほど入る程度と、全体のプロポーションはぐっと構えたスタイリングに見え、試乗直前まで乗っていた日産リーフの様に高なクルマには感じません。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

クルマをお借りしたときに横にならんでいた「シャレオツ」なシトロエンとは売り方が違うというは分かるのですが、エンブレム以外、他メーカーのハッチバックと同じ様な方向性のエクステリアデザインだと、一体どこが差別化できている?というのが心配になります。

詳細画像はこちら

インテリアの特徴は「」小径のステアリングホイールと、そのステアリングホイールの上端越しに見える250km/hまで刻まれたメーター類です。

このステアリングホイールを握ると、まるでカートの様なスポーティな印を感じます。ただし、テレスピックチルトでホイールの位置を調節してドライビングポジションを決めると、ステアリングホイールの上端がメーター類の下側に重なり、視界がやや遮られてしまいます。身長165cm強の筆者の場合でこのような状態でしたので、背が低い方だとメーターが隠れてしまうのではと感じます。ステアリングホイールの径が小さいのは、視界確保のために後から小さくしたのでは?と推測できます。

詳細画像はこちら  詳細画像はこちら  詳細画像はこちら

インパネやセンタークラスタ周りは、非常にすっきりとまとまっているという、よくある言葉通りの印です。どこかのドイツと同じテイストであり、クオリティが高く、実用的なレイアウトをしています。ただ、エアコンの操作関連や、ナビゲーションが、すべてタッチモニター上の操作になるため、運転中の操作はやりにくいです。

運転中のナビ画面操作は危険であるのは承知の上ですが、現在位置表示すらモニタータッチしないと操作ができないのは、日常の中ではネガティブポイントになりかねません。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

ちなみにセンターコンソールにあるドリンクホルダーらしき円形のには、500mlペットボトルがハマりませんでした。コーヒーショップコップを前提に作られたのでしょうか。入り口がすぼまっていて、引っかかるため、スタバに寄るか、ケースをずらすかしかありません。日本だと考えにくい、ちょっと残念なポイントでした。ただし、ドアポケットにスペースがあるので収納面は問題ありません。

詳細画像はこちら

このクルマのトピックの一つは、エンジンの良さです。インターナショナルエンジンオブ・ザ・イヤー2017の1.0-1.4L部門で3年連続の最優秀賞に選ばれた名エンジンです。

3気筒エンジンと聞くと、振動面でのネガティブな印がどうしてもありましたが、その心配はまったくの杞憂でした。一般的な4気筒エンジンとは異なるエンジン音は聞こえますが、決して不快なレベルや音質ではありません。むしろエンジンを回した際のサウンドは勇ましく、どなたでも好ましく感じられると思います。

詳細画像はこちら

少し気になったのは、エンジン停止時に残るブルブルとする振動です。アイリング時のエンジン振動を消すために柔らかいエンジンマウントを使っているのでしょうから、やむなしかと感じますし、4気筒でも同様以上の振動を感じるクルマはありますので、問題にはなりません。ただ、アイリングストップが入ると、この振動を煩わしいと感じることがあります。総合的には個人差はありますが、慢できる範疇ではあります。

ちなみに、このエンジンにはちょっとしたギミックがあり、センターコンソールスイッチを押してスポーツモードにすると、排気音が一段と野太く、勇ましいサウンドに変化します。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

これはレゾネーターで音を作り、スピーカーから合成音を聞かせる簡単なシステムなのですが、こういった遊び心がちゃんとあるのは、フランスらしいといえるのかもしれませんね。

詳細画像はこちら

後半ではハンドリング、乗り心地、音振性レビューです。箱根湯本駅スタートし、山の上にあるを見ながら、さらにその先の十までドライブします。山登りと下りではエンジンブレーキングのやりやすさ、そしてワインディングではハンドリングと乗り心地、NVHを見ていきます。

(文/写真吉川賢一)

【プジョー308試乗】 フランス流Cセグメントハッチバックの特徴を、3気筒 1.2Lガソリンターボのベーシックグレードから探る(http://clicccar.com/2018/06/14/598901/)