映画銀魂2(仮)』の正式タイトルが『銀魂2 掟は破るためにこそある』になることが判明。あわせて新たなビジュアル開された。

同作は空知英秋漫画銀魂』をもとにした作品。昨年開された映画版『銀魂』の続編となる。今回の発表では『銀魂2 掟は破るためにこそある』の作中で描かれる原作エピソードが、「真選組動乱篇」「将軍接待篇」を融合させたものになることも明らかになった。

物語あらすじは、小栗旬が演じる主人公坂田銀時菅田将暉が演じる新八橋本環奈が演じる神楽万事屋3人が、に困ってアルバイトを始めるが、行く先々のバイト先で将軍と遭遇するというもの。真選組が内紛によって危機に陥り、やがて将軍を巻き込む大騒動が巻き起こる様を描く。

メガホンを取った福田雄一監督は「1作のお客さんの感想を読んだときに、面くてカッコよくて感動できてっていうのが『銀魂』にめられていることなんだと気づき、それで、将軍を接待する話と『真選組動乱篇』を合体させることを思いつきました」とコメントしている。

あわせて開されたビジュアルは、新たに登場するキャラクター5人のビジュアルを使用したもの。いずれもシルエットや一部分のみ明かされている。新キャラクターキャストについては6月下旬に発表される予定だ。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』新キャラクターシルエット ©空知英秋/集英社 ©2018 映画「銀魂2」製作委員会