Airbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は、本日、Airbnbとして世界初となる新しい組織、Airbnb Partnersエアビーアンドビー・パートナーズ)を、様々な産業を担う日本企業36社と共に立ち上げたことを発表しました。
明日2018年6月15日に「住宅宿泊事業法」が施行され、Airbnbだけでなく、日本観光産業自体も大きな節を迎えます。シェアリングエコノミーにおける新しい組織の立ち上げにより、日本の新しい文化形成に寄与できることを期待しております。また、Airbnbは、この新しいエコシステム日本経済効果の押し上げに貢献できるよう邁進してまいります。

このパートナーシップは3つのカテゴリーにより形成されます。1つは、ロイリティプログラムや、特定エアラインにおけるマイル特典を提供するデマンド・パートナー。2つは、ホスト育成や、リスティングの申請、具のセットアップ写真撮影、クリーニングなどのホストサポート提供するサービスパートナー。そして3つは、不動産開発業者や、高品質なポートフォリオユニークリスティングを提供するプロフェッショナルホストとなるサプライ・パートナーです。

Airbnb創業者のネイサン・ブレチャージクはこの大切な節に関して、以下のように述べました。「私たちは、Airbnbを利用する日本の全ての人々が、より快適に利用ができるようコミットしていきます。この新しいパートナーシップにより、ホストやゲストが必要なサービスサポート提供することで、何週間後、何ヵ後に向け、Airbnbコミュニティもさらに大きく、強いものになっていくと確信しています。」

Airbnb Japan株式会社 代表取締役、田泰之は、今後の観光産業における日本市場への期待に対し、次のように抱負を述べました。「ホームシェアリングは地域に活を与えるとともに、観光客に日本ならではのユニークな文化や伝統を体験してもらうことで、日本に様々な新しい機会をもたらします。Airbnbにおいても日本はすでに人気のディスティネーションのひとつとなっており、この重要な市場に引き続きお応えできることを楽しみにしています」

さらに、2020年までの今後2年間、さらにその先を見据え、日本での継続的な発展を実現するために、Airbnb日本独自の7つの新施策を発表しました。具体的な詳細は、以下の内容となります。


1)Airbnb Plus東京大阪京都に拡大
Airbnb Plusは細部へのこだわりで高い評価を得ているホストのハイスタンダードな住宅だけを集めた新グレードで、選定にあたってはホームインスペクションを実施しています。東京ではすでに補となるホストに対し招待メールが配信されており、年内に大阪京都へも拡大される予定です。Airbnb Plusのホストは、Airbnbサイトでのトップ表示やプレミアムサポートを受けることができます。またゲストは、品質基準を認済みのお部屋で安心して過ごして頂けます。

2)ロイリティプログラムとして、Tポイントに加盟しAirbnbをより身近に
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社運営する、日本最大のポイントプログラムであるTポイントプログラムAirbnbが加盟します。AirbnbTポイントが連携することで、日本ゲストにとってAirbnbがより身近に、使いやすくなっていきます。2018年末までに開始いたします。

3)Airbnb ワンストップサービスフランチャイズ化し全展開
Airbnb公式パートナーである株式会社エアトリステイが運営するワンストップサービスフランチャイズ化しサービスを全に拡大します。これまでは東京大阪中心のサービスでしたが、地域の有企業6社(北海道エリア株式会社藤井ビル、関西九州エリア株式会社グランドゥース、中国四国エリア株式会社あなぶきスペースシェアおよびモダンデコ株式会社沖縄エリアタマホーム株式会社および中部株式会社)と連携し、地元のサービスと組み合わせることで、地域に根付いたサービスを多くの方が受けられるようになります。お部屋の登録、写真撮影、清掃など導入から運営まで一連の流れに対応するワンストップサービス2018年中に関西中国四国九州沖縄エリアへ拡大し、日本に約800万戸以上あるの活性化に注してまいります。

4)ホストを楽しむ育成プログラムを拡大
すでに株式会社パソナとは2017年5月に提携し、地域におけるホスト育成のプログラムを共同開発・提供を開始してきました。今後は、本プログラムを拡大し、都市を含む多数の地域にて展開していきます。色々な形でのAirbnbホストの実施に興味のある方々を対に、新ルールへの対応方法、ホストの楽しみ方、お部屋の準備方法など最適なプログラム提供してまいります。

5)コミュニティ活性化プロジェクトの実施
Airbnbでは、奈良県吉野町に世界初のコミュニティハウス吉野」を2016年11月に寄贈しました。オープンから一年が経ったこのは、現在31人の地元コミュニティメンバーがホストをし、24,990ドルの利益をもたらしました。Airbnbでは、日本独自のカルチャーや伝統、地域の生活に根付いたコミュニティと連携したホームシェアの形を作り上げるため、このような活動を拡大します。京都山間地域では日本の伝統文化を体験し、渋谷区原宿ではポップカルチャーステイを体験できる地元ならではのリスティングを地元企業及びコミュニティと開発、また宮城県塩竈市では地域の暮らしに根付いたリスティングの構築を進めていきます。

6)Airbnb公式デザイン旅人を迎え入れるフレンドリーな住居」の開発
日本を代表する放送作家小山堂氏率いるオレンジアンド・パートナーズとともに日本での新しい在宅ホームシェアを可にする一戸建て住宅、マンションのデザインプロデュースを開始。第一弾として、「東京に、を持とう。」でおなじみの株式会社オープンハウスが、「ホームシェアリング対応住宅」の開発、年内の販売に向けた取り組みを開始します。住宅ホスト側においては、ひとつの住居に縛られない、都心と地方の「二拠点居住」や100人生時代を背景にした長期的な住居設計など、ライフステージに合った居住スタイルのニーズが高まってきています。そこで、ホスト側の多様なライフスタイルニーズを満たすことをすため「世界からの旅人と紡いでいく暮らし方」というユニーク視点で、今までとは違った「新しい住まい方」を提案してまいります。

7)日本独自の保険プログラム
安心、安全な宿泊事業とするために、損保険ジャパン日本株式会社、あいおいニッセイ同和保険株式会社と連携し、同社が提供する日本に適した形での保険プログラム(名称:日本ホスト保険)を導入します。

Airbnb Partners 参加企業一覧五十音順):
あいおいニッセイ同和保険株式会社、アソビシステム株式会社株式会社あなぶきスペースシェア株式会社イロドリ、株式会社エボラブルアジア、株式会社大塚具、株式会社オープンハウス株式会社オレンジアンド・パートナーズ、株式会社KADOKAWA、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社株式会社KEY STATION、株式会社グランドゥース、SATO行政書士法人スタジオアンビルト株式会社、西新サービス株式会社、セコム株式会社全日本空輸株式会社ソフトバンク株式会社、損保険ジャパン日本株式会社タマホーム株式会社中部株式会社、ナーブ株式会社株式会社ニトリ株式会社ウジング恒産、株式会社パソナ、Peach Aviation株式会社株式会社ビックカメラ株式会社ファミリーマート株式会社藤井ビル、株式会社ライムアシスタンス株式会社ベンチャーリパブリック、matsuri technologies株式会社株式会社みずほ銀行メトロエンジン株式会社モダンデコ株式会社株式会社YMFG ZONEプラニング

Airbnb Partnersに関する情報はこちら:http://tsite.jp/r/cpn/airbnb/corporates/partners.html

Airbnb Partnersに関するビデオはこちら:https://goo.gl/qoMjWv
Airbnb day オフシャル写真はこちら:https://goo.gl/YgXL4v
オフシャル写真は、6/14(木)13:00頃上記URLアップロード予定です


Airbnbおよびエアビーアンドビー(エアビー)の名称及びロゴAirbnb Inc.の登録商標または商標です。
Airbnb Partnerは、代理権の授与やパートナーシップ(組合等)を構成するものではありません。


Airbnbエアビーアンドビー)について
2008年創業のAirbnbは、先でどこに宿泊するか、何をするか、と出会うかという最初から最後までのマジカルの体験を提供する、グロバル旅行コミュニティです。また、Airbnbテクノロジーを有効活用することで、世界の何万人もの人々が、スペースや、自らのパッションスキルを収入とするホスピタリティ分野での起業となることを支援しています。Airbnbのマーケットプレイスを使えば、アパートやヴィラから、おやツリーハウス、B&Bまで、世界191以上の都市にあるユニークな宿泊先を利用することができます。さらに、現地の人々によるユニークオリジナルAirbnbの「体験」を通して、これまでとは違う新しい先の側面と触れ合うことが可です。一部の都市では、パートナーシップ先であるResyにより、現地で人気レストランも紹介しています。これらの全てを使いやすくデザインされたAirbnbウェブサイトアプリで簡単に利用することができます。

配信元企業Airbnb Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ