オリンピックコンサート2018』が、今年も6月8日東京国際フォーラムにて開催され、平昌オリンピックのメダリスト小平奈緒をはじめとするトップアスリート9名、ゲストアーティスト森山直太朗が出演。コンサート揮は梅田俊明、オーケストラはTHE ORCHESTRA JAPANが務めた。

オリンピック・ムーブメントの推進を的に、オリンピズムに掲げられたスポーツと文化の融合をカタチにした本コンサート2018年は「つなげよう感動!こうTOKYOで!」をテーマに、2月に開催された平昌オリンピック振り返りと、777日後に控えた東京オリンピックにもつながる内容に。豊富なオリンピック映像×フルオーケストラ演奏という本演ならではの競演で、あの感動や奮をドラマチックに呼び起こした。

平昌オリンピックの開会式で演奏されたファンファーレから始まった第1部。客席には、平昌オリンピックメダリストである原大智(スキーフリースタイル)、小平奈緒高木美帆菊池高木菜那スケートスピードスケート)、吉田鈴木カーリング)、そして東京オリンピックでの活躍が期待される荒井広宙(陸上競技)、小嶋美紅水泳・競泳)という面々がい、観客とともに映像オーケストラの生演奏コラボレーションを堪した。第2部では森山直太朗によるスペシャルステージも披露され、フルオーケストラで新曲『人間の』や2004年アテネオリンピック応援歌にもなった『今が人生』などを歌い上げた。『今が人生』にはNHK東京児童合唱団も参加し、一夜限りの特別な時間となった。

トークコーナーではオリンピック出場経験もある俳優藤本MCを務め、メダリストたちの平昌オリンピックでのエピソードや、森山の印深いオリンピックの思い出、そして荒井小嶋東京オリンピックにかける想いなど、ここでしか聞けない話題が満載。また男子フィギュアスケート羽生結弦からビデオメッセージも届き、客席を盛り上げた。最後は恒例の『オリンピック讃歌』を森山藤本も参加し合唱アンコールではNHK東京児童合唱団による『The Rose、君はその種子』も披露され、盛りだくさんの内容となった。

参加したアスリートたちは「クラシックを生で聴くのは初めてでした。親しみやすかったです」(吉田)、「映像音楽が合わさることで自分たちがのこしてきたものが一層くのだなと思いました」(高木美帆)、「森山直太朗さんの歌を楽しみにして来たのですが、すごく心にくきれいな歌でした」(小平)、「皆さんが東京オリンピックの話をされるのを聴いて“必ず出なきゃいけない”と思いました」(小嶋)など感想を述べ、のびのびと楽しそうな表情を見せた。

取材・文:中川

高木美帆高木菜那の「高」は旧字体

※参加アスリートの感想は公式サイトにて掲載

『オリンピックコンサート2018』の模様