ドジャースケンプがレンジャーズ捕手チリノスにしいタックル

 ドジャース前田健太投手先発した13日(日本時間14日)の本拠地レンジャーズ戦で大乱闘があった。

 ドジャースの2点リードで迎えた3回、2死二塁でヘルナンデスが右前打。二塁走者のケンプは一気に本塁を狙ったが、右翼マザーラが好返球を見せた。タイミング全にアウト。しかし、ケンプはそのまま捕手チリノスにしくタックル。立ち上がった両者は睨み合った後、取っ組み合いの乱闘に。両者を止めようとベンチから両軍の選手が飛び出し、場内は一時騒然となった。

 このプレーケンプとチリノスは退場。メジャーリーグでも現在捕手の本塁ブロック、走者の捕手へのしいタックルは禁止されている。(Full-Count編集部)

危険なタックルを巡って激しく揉み合う捕手チリノス(左)とケンプ(中央)【写真:Getty Images】