元サッカー日本代表監督フィリップ・トルシエ氏が14日、「ODAIBA FOOTBALLFANZONE 2018」オープニングセレモニーに登場した。

 2018 FIFAワールドカップ ロシアの開幕を迎えるこの日、トルシエ氏は「また日本に来ることができて嬉しいです」と喜びを口にした。友人に会うために年に2,3回は来日しているが、長く良い時間を過ごした日本は特別だという。

 トルシエ氏は1998年日本代表監督に就任すると、2002年日韓W杯チームベスト16に導いた。あの快挙から16年、当時と現在日本代表には大きな変化があると話す。

「代表チームの中身自体が変わったと思います。選手の8割近くがヨーロッパをはじめとする海外プレーしています。選手たちは成熟し、多くのことを経験したことで自分たちの良いところを出している。ロシアでも期待しています」

 ロシアW杯へののりは決して坦ではなかった。開幕2カ後に控えた4月ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が解任され、西野監督日本代表を率いることとなった。それでもトルシエ氏は、「私はワールドカップ前は冷静でした。4年間しっかり準備できたから。今回はこういう状況ですが、『やることは全てやった!』と集中して臨めばいい」とコメント。さらに、前日のスペイン代表の監督交代についても言及。日本代表よりさらに急な解任劇となったが、トルシエ氏は「選手の方が重要」と強調した。

スペイン代表の監督が解任されました。でも、チームクオリティーには関係ないと思います。監督チームに対してできることは10~15らい。大事なのは選手がを発揮するために、一体感を上げてコミュニケーションを取ること。監督も大事だけど、選手の方が重要」

 最後に、日本代表が予選突破する可性は?という質問に対し、「私は日本代表サポーターなので、“60”と言っておきましょう」と期待を述べた。

 日本代表は19日、ロシアW杯グループステージ初戦、コロンビア代表との一戦に挑む。

元日本代表監督のフィリップ・トルシエ氏が西野ジャパンへエールを送った