エンターテインメント業界を中心に、自動車映像建築など様々な業界向けにデジタルコンテンツ関連ビジネスを展開するシリコンスタジオ株式会社(本社:東京都 渋谷区、代表取締役社長寺田、東マザーズ:コード3907、以下「当社」)は、株式会社ジャパンディスプレイ(代表取締役会長 兼 CEO:東入 信博、以下「ジャパンディスプレイ」)に対しリアルタイム3DCGによるVR対応4K動画(以下「本動画コンテンツ」)を提供し、仮想現実ヘッドマウントディスプレイ(以下、VR-HMD)向け高精細ディスプレイ用のデモコンテンツとして採用されたことをお知らせします。

デモコンテンツ「Museum」(イメージ)

ジャパンディスプレイは、VR-HMD専用の3.251001ppi 低温ポリシリコンTFT液晶ディスプレイ(以下、1001ppi LTPS TFT-LCD)を開発し、2018年05月10日に発表しました。この1001ppi LTPS TFT-LCDを用いたVR-HMDでは、ユーザーがより現実に近い視覚、体感を得ることができるため、VR市場のさらなる拡大が期待できます*。

当社がジャパンディスプレイ提供した本動画コンテンツは、自社開発のリアルタイムレンリングエンジンMizuchi(ミズチ)』の技術デモ用として制作したリアルタイム3DCGMuseum」を4Kステレオレンリングをすることに対応した、1001ppi LTPS TFT-LCD向けのオリジナルバージョンです。圧倒的な質感の表現をリアルタイムで可にする『Mizuchi』は、高精細VR環境の優れた映像表示性を最大限に生かし、没入感を向上させます。
動画コンテンツは、2018年5月22日~24日の3日間にわたり米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された電子ディスプレイ世界最大級の展示会「SID Display Week 2018」において、ジャパンディスプレイブースで披露されました。来場者には1001ppi LTPS TFT-LCDが実現する自然で緻密な動画表現を体験いただきました。

*ジャパンディスプレイ発表リリースhttp://www.j-display.com/news/2018/20180510.html)より
1001ppi LTPS TFT-LCD
Display Week 2018 ジャパンディスプレイブース


■ 『Mizuchiについて
Mizuchi(ミズチ)』は、物理ベースレンリングの考え方をサポートするレンリングエンジンです。特に、の反射を正確に扱うことで可となる圧倒的な質感表現に強みがあります。リアルタイムグラフィックスでありながら、金属、木材、ガラスなど多様な材質を実物さながらの質感で表現することができます。柔軟な設計になっており、ゲーム業界をはじめ、映像、製造、自動⾞、不動産分野等のコンテンツ制作にも利用可。高度な学的表現を可にするポストエフェクトミドルウェア『YEBIS 3(エビス 3)』も組み込まれています。
公式製品サイトhttp://www.siliconstudio.co.jp/mizuchi/


SID Display Week 2018について
SID Display Week」は、世界中からトップクラスディスプレイ関係者が集まり、最新技術を発表、そして商業市場および消費者市場を代表する企業が出展する、電子ディスプレイ世界最大級の際学会です。
会 期:2018年5月20日(日)~25日(
会 場:Los Angeles Convention Center in CALIFORNIA
公式サイト: http://www.displayweek.org/


シリコンスタジオ株式会社について
当社は世界最高レベルの技術をもって創る人と愉しむ人に感動を与えることを企業です。ゲーム映像制作スタジオ向けに3DCG技術等を提供する開発推進・支援事業、一般ユーザー向けにゲームコンテンツを開発・提供するコンテンツ事業、クリエイター職の派遣・紹介に特化した人材事業の3事業を展開しております。企画、技術、人材、運営など、ゲーム企業が抱えるすべての課題をワンストップで解決できることが強みです。
https://www.siliconstudio.co.jp/



*Mizuchiは、シリコンスタジオ株式会社の登録商標です。
*記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

配信元企業シリコンスタジオ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ