歴代単独21位に浮上、4回にドジャース前田から右中間二塁打

 レンジャーズエイドリアン・ベルトレ内野手が13日(日本時間14日)の敵地ドジャース戦に「4番・三塁」で出場。4回に先発前田から右中間への二塁打を放ち、メジャー通算3090安打とした。マリナーズ会長付き特別補佐に就任したイチロー外野手を抜き、歴代単独21位に浮上。米国出身以外の選手でトップに立った。

 ベルトレは4回、1死走者なしで前田スライダーを右中間に運んだ。これが今季42安打。並んでいたイチローを抜いた。イチローは今季は試合に出場しないものの、来季以降の“復帰”をしており、現役選手としてもベルトレがトップに立ったことになる。

 ドミニカ共和出身の強打者は4月39歳となった。今季は故障者リストDL)入りもあったが、前日まで38試合出場で打率.311、2本塁打17打点をマーク軸としてレンジャーズ打線を牽引している。

 なお、米国出身者以外で3000安打を達成してるのは6人。ベルトレとイチロー以外は、3000安打ロベルト・クレメンテプエルトリコ)、3020安打ラファエル・パルメイロ(キューバ)、3031安打で現役のアルバート・プホルスエンゼルス、ドミニカ共和)、3053安打ロッド・カルーパナマ)となっている。(Full-Count編集部)

レンジャーズのエイドリアン・ベルトレ【写真:Getty Images】